サーバー完成図書を自動で作りたいんだ 第6話 crontab で設定したバッチ実行時間

高瀬 裕介 104views 更新:2015年4月10日
#!/bin/sh
IFS=$'\n'
echo "|_. cron動作書式|_. 備考|"
for LINE in `find /var/spool/cron -type f -exec cat {} \; `
do
  DESC=""
  if [ `echo ${LINE} | grep "disk-status-put\|disk-check" | wc -l` -gt 0 ]; then
    DESC="ハードディスク容量チェック"
  fi

  if [ `echo ${LINE} | grep "backup" | wc -l` -gt 0 ]; then
    DESC="定時バックアップ"
  fi

  if [ `echo ${LINE} | grep "apache-status-put" | wc -l` -gt 0 ]; then
    DESC="Apache監視"
  fi

  if [ `echo ${LINE} | grep "nginx-status-put" | wc -l` -gt 0 ]; then
    DESC="Nginx監視"
  fi

  if [ `echo ${LINE} | grep "mysql-status-put" | wc -l` -gt 0 ]; then
    DESC="MySQL監視"
  fi

  if [ `echo ${LINE} | grep "pgsql-status-put" | wc -l` -gt 0 ]; then
    DESC="PostgreSQL監視"
  fi

  if [ ! "${DESC}" ]; then
    echo "[WARN] 定期処理の詳細を記載してください ${LINE}" >&2
  fi

  echo "|${LINE}|${DESC}|"

done

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません