1500人のユーザ登録をコンピュータにやらせようとした

Takkiii 22views 更新:2015年4月13日

本日の開発で1500件のユーザ情報が正しく表示されるかを検証したかったのだがlocalhostには生憎1500件ものユーザは登録されておらず、まさか手作業でやらねばならないのかと思いどうにかコンピュータにやらせようと考えあぐねていた。
今回は「16文字以下の英数字によるユニークなユーザ名」を1500件用意したかったのでそれ以外の項目(アドレスなど)まで作成する必要はなかった。以前知り合いのエンジニアがRubyで乱数を生成してインターネット上のパスワードを作成していたので今回のユーザ名に関してもa〜zのアルファベットと0〜9までの数字を組み合わせて乱数を生成すればユーザ名は用意できるだろうと思った。(調べたらjavaでもできるっぽい)そしたら今度はそれらを一度配列に格納してあとは1つずつ取り出してExcelなんかに出力させることができればわざわざ手作業でユーザ登録をしなくても済みそうだなあと考えてググってみたところ本当にできそうであることが判明したのだが、その後そんなことをしなくても普通にNumbersで「◯◯0」といった感じでユーザ名を作成してコピーすれば自動で◯◯2、◯◯3、◯◯4・・・と作成されることに気づき乱数作戦は失敗に終わった。以下は乱数生成の方法とRubyの値をExcelへ出力する方法が記述してあるリンクなので暇なときに1500件の乱数をExcelに出力してみたい。

Rubyで乱数を生成する
Rubyの値をexcelへ出力する方法
Rubyの値をexcelへ出力する方法

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません