harada のアーカイブ

JavaScriptのAlert内での改行(PHP入れ込みの場合)

2017年8月14日

通常の改行は`\n`ですが、php内に記述している場合はこれだとエディタによっては表示がおかしくなる可能性があるので`\\n`を利用します。 ``` ```
続きを読む

PHPでjavaScriptのAlertを出力する

2017年8月9日

以下のように記述することで出力できます。 ``` ``` 参考:[How to echo() javascript alert();?](https://www.sitepoint.com/community/t/how-to-echo-javascript-alert/3713/5)
続きを読む

PHPで指定日の月末を表示する

2017年7月31日

``` $this_date = strtotime('20151224');//指定日 $month = date('Y-m', $this_date);//指定日の年月 $end_of_month = strtotime('last day of ' . $month);//指定日の月末 echo date('Y年n月j日', $end_of_month); ``` 参考:[PHPで指定月の月初と月末の日付を取得](http://qiita.com/Ham
続きを読む

Contact Form 7のフォームにログイン情報を埋め込んでメールで表示する

2017年7月24日

コンタクトフォーム設定画面の「フォーム」で以下のhiddenタグを埋め込みます。 ``` [hidden your-name default:user_display_name] [hidden your-email default:user_email] ``` 「メール」画面に以下のタグを入れることで、送信者がログインユーザーの場合に、メールにログインユーザーの表示名とメールアドレスを表示することができます。 ``` ログインユーザー名 : [y
続きを読む

Gianismでログイン後に表示されるページをログイン前にみていたページにする

2017年7月24日

以下をfunctions.phpに追加します。 ``` /** * Customize redirect URL * @param string $url if not specified, null will be passed. * @param string $service facebook, twitter, etc. * @param string $context login, connect, etc. * @return
続きを読む

WordPress4.2から自動挿入されるようになった絵文字関連のタグを無効化する

2017年7月19日

WordPressのヘッダーをみていたら以下のようなタグがありました。 ``` window._wpemojiSettings = 〜 ``` ぐぐってみると絵文字関連のタグのようです。不要なのでfunctions.phpに以下の記述をして非表示にします。 合わせてWordPress4.6から自動挿入されるようになった絵文字のDNSプリフェッチタグも無効化します。 ``` // WordPress4.2で採用された絵文字を無効にする remov
続きを読む

WP User Avatarでプロフィール画像をアップしたかどうかの条件分岐

2017年7月14日

WP User Avatarプラグインを利用していて、オリジナルの画像をアップしているかどうかの条件分岐を行いたいときは以下のように記述します。 ``` if(has_wp_user_avatar($id) { //アップしている場合 } else { //アップしていない場合 } ``` 参考:http://support.netbee.co/en/support/solutions/articles/14000036619-wp-user-avat
続きを読む

WordPressに簡単にグラフを挿入できる「M Chart」プラグインでカスタムカラーを追加する方法

2017年7月14日

[M Chart](https://ja.wordpress.org/plugins/m-chart/)というプラグインを利用することで、簡単にWordPressにグラフを挿入することができます。 このプラグインでグラフの色を変更する方法です。 1. 自分で利用中のテーマフォルダの中に「m-chart-highcharts-themes」というフォルダを作成します。 ex. themes/twentyseventeen/m-chart-highcharts
続きを読む

Slickgridでヘッダーと中身のセルの幅を合わせる

2017年7月4日

デフォルトだとヘッダーのセルと中身のセルの幅がずれてしまうので、以下のCSSを追加することで合うようになるようです。 ``` .slickgrid, .slickgrid *, .slick-header-column { box-sizing: content-box; -moz-box-sizing: content-box; -webkit-box-sizing: content-box; } ``` 参考:[sli
続きを読む

ブラウザのリサイズ時に特定の幅以下になったらリロードする

2017年6月29日

以下の記述でリサイズ時800px以下の場合にリロードされるようになります。 ``` $(window).on("resize", function() { var w = $(window).width(); if(w < 800) { window.location = window.location; } }); ``` 参考:[JQueryで読み込み時とリサイズ時にブラウザサイズに横幅を合わせる]
続きを読む

D3.jsで、X軸の項目が表示幅より長い場合は斜めに表示する

2017年6月22日

`translate(" + this.getBBox().height/2*-1 + "," + this.getBBox().height + ")rotate(-45)`で斜めにすることができます。 たとえば以下のように記述します。 ``` var adjust_width = 800;//グラフの描画幅 var x = d3.scale.ordinal().rangeRoundBands([0, adjust_width], width_propori
続きを読む

ChartJS:目盛りとグラフの間にpaddingを設定する

2017年6月15日

以下のオプションを設定することで、目盛りとグラフの間にpaddingを設定できます。 ``` var options = { scales: { yAxes: [{//Y軸に設定したい場合 ticks: { padding: 100 } }], xAxes: [{//X軸に設定したい場合 ticks: { padding
続きを読む

ChartJS:Y軸の目盛りに小数点を出さないようにする

2017年6月15日

こちらもオプション設定で解決するようです。 ``` var options = { scales: { yAxes: [{ ticks: { beginAtZero: true, userCallback: function(label, index, labels) { if (Math.floor(label) === label) {
続きを読む

ChartJS:x軸の目盛りの最大表示数と表示角度を設定する

2017年6月14日

ChartJSでグラフを作成して、X軸の値の数が多い場合、自動で斜めに表示されます。 これをまっすぐのまま表示したい場合オプション設定で以下のように指定します。 ``` var myChart = new Chart(ctx, { type: 'line', data: data, options: { scales: { xAxes: [{ ticks: {
続きを読む

chart.js:縦のラインを全部非表示にする

2017年6月13日

Chart.jsに以下のオプションを設定することで、縦のメモリ、始まりの縦線を含めてすべて非表示にできます。 ``` options: { scales: { xAxes: [{ display: true, stacked: false, gridLines: { display: false } }],
続きを読む

CakePHPで複数行のHTMLを指定した位置で読み込むようにする

2017年6月13日

複数行のHTMLなどを特定の位置に差し込みたい場合の記述方法です。 差し込みたい位置に以下のような記述をおきます。 ``` ``` 差し込みたい内容を以下のタグで括って記述します。 ``` 差し込みたい内容 ``` 参考:https://book.cakephp.org/2.0/ja/views.html#extending-views
続きを読む

D3.jsを利用したSVGにテキストを3つ並べる

2017年6月8日

[表示サンプルはこちら](http://jsdo.it/haradaaa/AMuo) ### HTML ``` ``` ### JavaScript ``` //テキストを3つ並べる var width = 400; var height = 400; var svgtext = d3.select("#text") .append("svg") .attr("width",width) .attr("height",hei
続きを読む

SVGの要素で指定できるタグのメモ

2017年6月7日

メモしておきます。 指定する要素によっては使えないこともあるかもしれません。 ``` .attr("text-anchor", "middle")//テキストの表示位置(start,middle,end) .attr("fill", '#fff')//塗りつぶしの色 .attr("font-size", '110%')//フォントのサイズ .attr("width", 300)//要素の幅 .attr("height", 100)//要素の高さ .
続きを読む

[VSCode]Visual Studio CodeでSassをコンパイルする方法の覚書

2017年6月5日

あらかじめ、NPM、Node.jsをインストールしておきます。 (1). VS Codeを開き、**Shift+Command+P** ショートカットで「コマンドパレット」を開きます。 (2). `Configure Task Runner`と入力して、Enterで選択します。 (3). 次に表示される画面で「Others」を選択します。 (4). 以下の内容を記入したサンプルの「tasks.json」ファイルを「.vscode」フォルダーに作
続きを読む

JavaScript:要素の高さを取得する

2017年5月30日

要素のIDを指定して、JavaScript高さを取得する方法です。 ``` var divHeight; var obj = document.getElementById('ID名'); if(obj.offsetHeight) { divHeight=obj.offsetHeight; } else if(obj.style.pixelHeight) { divHeight=obj.style.pixelHeight; } `
続きを読む