Toma0916 のアーカイブ

Ajax通信の非同期処理

2016年12月2日

本日久しぶりのAjaxの処理の部分をいじったのですが非同期処理の仕様の気付かず苦しめられてしまいました。。。 非同期処理ですからAjaxの処理が終わっていなくてもどんどん処理が進んでしまいますから状況によってはそのことに気をつけなくてはなりません。。。 Ajaxのレスポンスを待ちたい場合は以下のような手法を取ると良いらしいです。 ``` function test(){ return $.ajax({ type: 'GET'
続きを読む

【jQuery】fadein,fadeout

2016年11月10日

fadeOut([speed], [callback]) 各要素の透明度を操作して、表示されている要素をフェードイン・フェードアウトさせます。 アニメーション効果は指定したスピードで実行されます。 速度は第一引数に指定し、”slow”、”normal”、”fast”、もしくは完了までの時間をミリ秒単位で指定します。例えば”1500”であれば、1.5秒かけてアニメーションが行われます。 省略された場合は、”normal”が用いられます。 また、効果が完了し
続きを読む

自動テストのテスト項目外部ファイル化

2016年10月13日

ChromeDriverを導入していれば自動テストをPCの表示とスマートフォンの表示の両者について実行することが可能ですが、それぞれ全く別のファイルにテスト項目を記述すると、重なる項目も多いため無駄があります。 そこで、共通するテスト項目を外部ファイル化することを考えます。 driverとwebdriver.Byをグローバル変数として宣言することで外部ファイルに値を渡せるようになり、共通するテスト項目だけを別のファイルに分けることが出来ます。 その部分は僕が
続きを読む

ジオコーディング /逆ジオコーディング

2016年9月29日

時間が無いので詳しい内容は書きませんがGoogle Maps API Web サービスを使うことで緯度・経度から住所を、もしくはその逆を簡単に取得することができるそうです。 便利な時代ですね。 参考 https://developers.google.com/maps/documentation/geocoding/intro?hl=ja http://qiita.com/kenzooooo/items/e612671e592dc1d55f24 http://s
続きを読む

【jQuery】セレクタとトラバース

2016年9月21日

jQueryで目的の要素を取得するために。 【セレクタ】 $(“body”) bodyタグの要素を選択 $(“#id1″) ID名 id1 の要素を選択 $(“.class1″) CLASS名 class1 の要素を選択 $(“.class1 .class2″) CLASS名 class1 の要素の中にあるCLASS名 class2 の要素を選択 $(“.class3, .class4″) CLASS名 class3、もしくはCL
続きを読む

seleniumのエラー

2016年9月13日

seleniumのエラーの対処をしていたのでinputに関するエラーメッセージをまとめます。 ・存在していないinputをクリアする no such element: Unable to locate element: {"method":"css selector","selector":"存在していないinput"} ・存在しているが見えないinput(input hidden)をクリアする invalid element state: Eleme
続きを読む

Notice: Undefined index / Undefined variable について

2016年9月9日

よく見るけど放置していたエラーに関するチケットだったので簡単にまとめてみます。 Notice: Undefined index ▶ 定義されていない配列の要素を使用した場合に発生。 Notice: Undefined variable ▶ 定義されていない変数を使用した場合に発生。 単純な入力ミスでも発生することがあります。 このエラーは望ましくないコードに対して発生するものなのでプログラム自体は動作します。 エラーを非表示にするという対応も可能です
続きを読む

JavaScriptで日付比較

2016年8月31日

javaScriptで日付比較をするとして、以下のように記述するとします。 ``` if("2023/12/31" > "2013/12/15"){ ~処理~ } ``` 多くのブラウザでは正常に動作するそうですが一部のブラウザなどではエラーを吐いてしますのでそのようなブラウザでも正常に動作するようにするためには一度timeに直します。 PHPではstrtotimeという便利な関すうが用意されているのですがjavaScriptではそのよう
続きを読む

strtotimeについて

2016年8月26日

``` int strtotime ( string $time [, int $now = time() ] ) ``` この関数は英語の書式での日付を含む文字列が指定されることを期待しており、 now で与えられたその形式から Unix タイムスタンプ (1970 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC からの経過秒数) への変換を試みます。 now が指定されていない場合は現在日時に変換します。 成功時はタイムスタンプ、そうでなければ FALSE を返
続きを読む

自動テストの意義とSelenium

2016年8月12日

最近Seleniumによる自動テストに関することをずっとやっていたので書きます。 SeleniumはWebブラウザを用いてWebアプリケーションをテストするツールです。 様々な検証を行うことができ、今まで人手と時間を割いていたWebテストを短時間で何度も繰り返し実行できるようになります。 自動化により同じ試験を繰り返し実行出来るということが重要です。 例えば新機能の追加やバグの修正をしたときにそれらの変更が既存の機能に影響をもたらしていないか確認するこ
続きを読む

array_push関数による配列要素の追加は$array[]より遅い

2016年8月5日

配列の最後に要素を追加するには、array_push関数を使う方法と空インデックス($array[])を使う方法があります。 実行結果はどちらも同じになりますが、速度が違います。array_push関数よりも空インデックス[]の方が高速です。 array_push関数は、実行後の要素数を返すので、その情報を取得したい場合には便利です。
続きを読む

演算子について

2016年8月1日

なんとなく確認する機会があったのでまとめておきます。 比較演算子 ``` $LEFT == $RIGHT //$LEFTと$RIGHTが等しい時にtrue $LEFT != $RIGHT //$LEFTと$RIGHTが等しく無い時にtrue $LEFT > $RIGHT //$LEFTが$RIGHTより大きい時にtrue $LEFT < $RIGHT //$LEFTが$RIGHTより小さい時にtrue $LEFT >= $RIGHT //$LEF
続きを読む

WPのget posts()

2016年7月26日

``` array get_posts( [ mixed $args = null ] ) ``` 条件を指定して検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。 $args 検索条件を指定する連想配列。主なキーワードは次の通り。 キーワード 意味 numberposts 取得件数(省略時は5) offset 取得開始位置(省略時は0:先頭) category 何れかのカテゴリーに属する投稿情報はカテゴリーIDを、何れのカテゴリーにも属さない投稿
続きを読む

array_multisortの使い方

2016年7月20日

array_multisort()は、複数の配列を一度に、また は、多次元の配列をその次元の一つでソートする際に使用可能です。 この関数は、ソートの際にキーの相関を維持します。 連想配列のキー(string)は不変ですが、数値添字は再度振り 直されます。 入力の配列は、あるテーブルのカラムで行をソートする処理が行われま す。これは、SQL ORDER BY構文と似ています。最初の配列はソートされ る最初の配列です。その配列の行が同じだった場合は、次の入
続きを読む

JavaScriptで指定文字を置換、削除する方法

2016年7月13日

置換 あいうえおあいうえおという文字列のうという文字をくに置換します。 ``` // 置換対象の文字列 var value = "あいうえおあいうえお" ; // 置換を実行 ( → あいくえおあいくえお ) var result = value.replace( /う/g , "く" ) ; ``` ダブルクオーテーションを外したい時などに便利そうです。
続きを読む

InfoWindowクラスのメソッド

2016年7月8日

InfoWindowクラスのsetContent()は、対象の情報ウィンドウの内容を変更するメソッドです。 ``` infoWindows.setContent( 'html文' ) ; ``` これによりクリックした際に情報ウィンドウの内容を変更するといったことも出来ます。 ``` infoWindows.open(map); ``` で実際に設置します。
続きを読む

ローカル変数の有効範囲

2016年7月4日

ローカル変数は「関数全体で有効」なので、同じ関数内であれば、変数宣言より前のコードからアクセスできます。 これをホイスティング(巻き上げ)と呼びます。 ``` var scope = "Global"; function getValue() { console.log(scope); // > undefined var scope = "Local"; return scope; } console.log(get
続きを読む

googleMapで複数のマーカーの表示が変化するたびに最適表示し直す

2016年6月29日

表示が変化した時に表示されているものについての座標を取得します。 これはif文などでvisibleがtrueのものについて座標を取得すれば良いと思います。 あとはこれらをマーカー領域に.extendsしてやることでマーカー領域を更新してそれについてfitBoundsしてやればいいです。 たぶんかなり説明が下手です。 ちなみにtrueのものが0の時にはfitBoundsしないようにしないと太平洋のど真ん中に飛ばされるので注意です。
続きを読む

fitbounds()について

2016年6月20日

fitBounds()は、引数に指定した矩形領域を、地図に収まるように表示できる、最適な位置座標とズーム値になるよう、調整するメソッドです。矩形領域は、南西の端と北東の端、2点の位置座標(LatLngクラス)を含むLatLngBoundsクラスで指定します。ある範囲を全て見せたい時に、重宝するメソッドです。
続きを読む

jQueryを用いてhtmlのclassを変更する

2016年6月17日

``` Query(function($) { $("[id^=ID]").removeClass("required"); }); ``` 指定したIDのクラスからrequiredを外せる。 remove→addでrequiredを付けることが出来る。
続きを読む