harada さんのアバター 4views

JavaScriptのAlert内での改行(PHP入れ込みの場合)

通常の改行は\nですが、php内に記述している場合はこれだとエディタによっては表示がおかしくなる可能性があるので\\nを利用します。 <?php echo '<script type="text/javascript">a 2017年8月14日
harada さんのアバター 13views

PHPでjavaScriptのAlertを出力する

以下のように記述することで出力できます。 <?php echo '<script type="text/javascript">alert("指定の文字数を超えています。");</script>'; ?> 2017年8月9日
harada さんのアバター 7views

PHPで指定日の月末を表示する

$this_date = strtotime('20151224');//指定日 $month = date('Y-m', $this_date);//指定日の年月 $end_of_month = strtotime('last day o 2017年7月31日
harada さんのアバター 18views

Contact Form 7のフォームにログイン情報を埋め込んでメールで表示する

コンタクトフォーム設定画面の「フォーム」で以下のhiddenタグを埋め込みます。 [hidden your-name default:user_display_name] [hidden your-email default:user_em 2017年7月24日
harada さんのアバター 14views

Gianismでログイン後に表示されるページをログイン前にみていたページにする

以下をfunctions.phpに追加します。 /** * Customize redirect URL * @param string $url if not specified, null will be passed. * @para 2017年7月24日
harada さんのアバター 18views

WordPress4.2から自動挿入されるようになった絵文字関連のタグを無効化する

WordPressのヘッダーをみていたら以下のようなタグがありました。 window._wpemojiSettings = 〜 ぐぐってみると絵文字関連のタグのようです。不要なのでfunctions.phpに以下の記述をして非表示にします。 2017年7月19日
harada さんのアバター 3views

WP User Avatarでプロフィール画像をアップしたかどうかの条件分岐

WP User Avatarプラグインを利用していて、オリジナルの画像をアップしているかどうかの条件分岐を行いたいときは以下のように記述します。 if(has_wp_user_avatar($id) { //アップしている場合 } else 2017年7月14日
harada さんのアバター 31views

WordPressに簡単にグラフを挿入できる「M Chart」プラグインでカスタムカラーを追加する方法

M Chartというプラグインを利用することで、簡単にWordPressにグラフを挿入することができます。 このプラグインでグラフの色を変更する方法です。 自分で利用中のテーマフォルダの中に「m-chart-highcharts-theme 2017年7月14日
harada さんのアバター 38views

Slickgridでヘッダーと中身のセルの幅を合わせる

デフォルトだとヘッダーのセルと中身のセルの幅がずれてしまうので、以下のCSSを追加することで合うようになるようです。 .slickgrid, .slickgrid *, .slick-header-column { box-sizing: 2017年7月4日
harada さんのアバター 25views

ブラウザのリサイズ時に特定の幅以下になったらリロードする

以下の記述でリサイズ時800px以下の場合にリロードされるようになります。 $(window).on("resize", function() { var w = $(window).width(); if(w < 800) { wi 2017年6月29日
harada さんのアバター 15views

D3.jsで、X軸の項目が表示幅より長い場合は斜めに表示する

translate(" + this.getBBox().height/2*-1 + "," + this.getBBox().height + ")rotate(-45)で斜めにすることができます。 たとえば以下のように記述します。 va 2017年6月22日
harada さんのアバター 30views

ChartJS:目盛りとグラフの間にpaddingを設定する

以下のオプションを設定することで、目盛りとグラフの間にpaddingを設定できます。 var options = { scales: { yAxes: [{//Y軸に設定したい場合 ticks: { padding: 100 } }], x 2017年6月15日
harada さんのアバター 129views

ChartJS:Y軸の目盛りに小数点を出さないようにする

こちらもオプション設定で解決するようです。 var options = { scales: { yAxes: [{ ticks: { beginAtZero: true, userCallback: function(label, inde 2017年6月15日
harada さんのアバター 226views

ChartJS:x軸の目盛りの最大表示数と表示角度を設定する

ChartJSでグラフを作成して、X軸の値の数が多い場合、自動で斜めに表示されます。 これをまっすぐのまま表示したい場合オプション設定で以下のように指定します。 var myChart = new Chart(ctx, { type: 'l 2017年6月14日
harada さんのアバター 131views

chart.js:縦のラインを全部非表示にする

Chart.jsに以下のオプションを設定することで、縦のメモリ、始まりの縦線を含めてすべて非表示にできます。 options: { scales: { xAxes: [{ display: true, stacked: false, gri 2017年6月13日
harada さんのアバター 4views

CakePHPで複数行のHTMLを指定した位置で読み込むようにする

複数行のHTMLなどを特定の位置に差し込みたい場合の記述方法です。 差し込みたい位置に以下のような記述をおきます。 <?= $this->fetch('subhead') ?> 差し込みたい内容を以下のタグで括って記述しま 2017年6月13日
harada さんのアバター 28views

D3.jsを利用したSVGにテキストを3つ並べる

表示サンプルはこちら HTML <script src="http://d3js.org/d3.v3.min.js"></script> <div id="text"> </div> Java 2017年6月8日
harada さんのアバター 10views

SVGの要素で指定できるタグのメモ

メモしておきます。 指定する要素によっては使えないこともあるかもしれません。 .attr("text-anchor", "middle")//テキストの表示位置(start,middle,end) .attr("fill", '#fff') 2017年6月7日
harada さんのアバター 187views

[VSCode]Visual Studio CodeでSassをコンパイルする方法の覚書

あらかじめ、NPM、Node.jsをインストールしておきます。 (1). VS Codeを開き、Shift+Command+P ショートカットで「コマンドパレット」を開きます。 (2). Configure Task Runnerと入力して 2017年6月5日
harada さんのアバター 33views

JavaScript:要素の高さを取得する

要素のIDを指定して、JavaScript高さを取得する方法です。 var divHeight; var obj = document.getElementById('ID名'); if(obj.offsetHeight) { divHei 2017年5月30日
harada さんのアバター 68views

JavaScript:画像のURLから高さと幅を取得する

以下の記述で画像のURLから高さと幅が取得できます。 var img = new Image(); img.src = '画像のURL';//高さと幅を取得したいURLを入力 var img_width = img.width; // 幅 2017年5月30日
harada さんのアバター 17views

CakePHPでjavaScriptとCSSファイルを指定した位置で読み込むようにする

以下のように記述すると、それを記述した位置でそのまま読み込まれてしまうため、思い通りの動きにならないことがあります。 <?= $this->Html->script('mdl-selectfield.min.js') ?& 2017年5月22日
harada さんのアバター 23views

flexboxで要素を真ん中に寄せて並べる

justify-content: center;とjustify-content: space-between;を指定する場合の例 デモはこちら CSS .flex1 { display: flex; display: -webkit-fl 2017年5月12日
harada さんのアバター 20views

CSS:background指定をまとめる場合の注意

.bg { background-color: rgba(0, 0, 0, 0.3); background-image: url("../img/bg.jpg"); background-repeat: no-repeat; backgr 2017年5月11日
harada さんのアバター 32views

D3.js:指定した範囲でrect要素を切り抜く

以下のように切り抜きたい範囲を指定して、要素に指定することで指定した範囲でrect要素を切り抜けるようです。 //切り抜く範囲を指定 svg.append("clipPath") .attr("id", "clip-rect") .appe 2017年5月1日
harada さんのアバター 525views

Animate.cssとinview.jsを利用して要素が表示されたタイミングでアニメーションさせる

以前はWOW.jsを利用して簡単にアニメーションを導入するという記事のように、WOW.jsとAnimate.cssでアニメーションを導入させていたのですが、いつの間にかWOW.jsが商用利用の場合は有料となっていました。 そのためjQuer 2017年5月1日
harada さんのアバター 35views

D3.jsのグラフを角丸にする(ドーナツグラフの場合)

角丸にしたいドーナツグラフのd3.svg.arc()などの後ろに以下を追加するだけで角丸にできるようです。 .cornerRadius(20) 追加例: var arc_simple = d3.svg.arc() .innerRadius( 2017年4月28日
harada さんのアバター 95views

MacをSierraにアップデート後にSassが利用できなくなった場合にすること

YosemiteとSierraの間にはEl Capitanがあるのですが、確かそれはまるまる飛ばしてYosemiteからSierraにアップデートしました。 するとその後しばらくたって何らかのタイミングからこれまで利用できていたSassが利 2017年4月25日
harada さんのアバター 52views

CSS:rgba指定を使わずに背景画像を透過する

<div class="bgimage">というブロックに透過した背景画像を重ねたい場合は以下のようにCSSを記述します。 rgbaを重ねる方法だと、背景画像の上にさらに透過した背景画像を重ねるのが難しいため以下の方法を利用しま 2017年4月20日
harada さんのアバター 34views

CSSでテキスト選択中の背景色と文字色を変更する

::-moz-selection { background-color: #f06292; color: #fff; } ::selection { background-color: #f06292; color: #fff; } 2017年4月20日