harada さんのアバター 129views

PHPでNotice: Undefined variableというエラーが出たとき

Notice: Undefined variableは、未定義の変数を表示しようとすると表示されるエラーです。 手っ取り早くエラーを解消したいときは空白の値などを入れておくと解消できます。 $sample = "";//追加 echo $s 2016年9月6日
harada さんのアバター 181views

CSSだけでプログレスバー型のメニューを表示する

最近良く見るこういう形の、フォームなどの表示形式は、なんていったらいいんでしょうね。 表示サンプル HTML <ol class="progress-meter"> <li class="progress-point do 2016年9月1日
harada さんのアバター 151views

jQuery:toggleで交互にアクションを変更する

jQueryのtoggleを利用すると表示・非表示を簡単に切り替えることができます。 今回はそれにあわせて、内包するフォームの値も切り替えたいと思い調べたところ、以下のようにすることで実現することができました。 HTML例 <a hr 2016年8月31日
harada さんのアバター 153views

WordPress:管理画面のバージョン情報を非表示にする

functions.phpに以下を追加することで、投稿画面の右下に表示されるバージョン情報を非表示にできます。 function remove_footer_version() { remove_filter('update_footer' 2016年8月30日
harada さんのアバター 480views

jQuery:自分以外の兄弟を指定

siblings()を利用することで指定要素以外の兄弟要素へ効果を付けることができます。 html例 <ol> <li class="todo"><a id="start" href="#">01< 2016年8月29日
harada さんのアバター 231views

array_columnで連想配列から新たな配列を作る

array_columnという関数を利用することで、複雑な連想配列から一部だけ取り出した新しい配列を作ることができるようです。 例: $sample = [ 0 => [ 'id' => 57845, 'start_date' 2016年8月26日
harada さんのアバター 399views

PHPでNotice: Undefined variableというエラーが出たとき

「Undefined variable」は変数に値がないですよというエラーです。 これに続く単語と行数で該当の変数が特定できますので、以下のように変更することでエラーが解消できます。 $sampleで「Undefined variable」 2016年8月23日
harada さんのアバター 96views

Github Desctopで「fatal: You have not concluded your merge (MERGE_HEAD exists).」

Github Desctopで「Update from master」や「Sync」をしようとしたら fatal: You have not concluded your merge (MERGE_HEAD exists). というメッセー 2016年8月19日
harada さんのアバター 344views

WordPress 4.6へアップデートを行うときは必ずWP Multibyte Patchも2.7にする

昨日リリースされたWordPress4.6へとWordPressを更新する場合は、必ず、WP Multibyte Patchプラグインを2.7以上にアップデートする必要があるとのことです。 WP Multibyte Patch 2.7から引 2016年8月18日
harada さんのアバター 2,660views

PHPでin_array() expects parameter 2 to be arrayというエラーが出たとき

PHPで「Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in〜」というエラーが出た時は、配列じゃない変数を配列として処理しているからのようで、以下の修正を 2016年8月17日
harada さんのアバター 108views

PHP:数字を3桁ずつ区切る⇔ただの数字に戻す

$number = 13000;という数字を変数にセットして以下のnumber_formatを行うと、以下のようになります。 $number = 13000; echo number_format($number); //出力結果:13,0 2016年8月16日
harada さんのアバター 694views

Chart.jsでツールチップを削除する

オプションで以下のように「tooltips」の「enabled」を「false」にすることで、グラフに表示されるツールチップを無効にできます。 var chart1 = new Chart(canvas, { type: "line", d 2016年8月15日
harada さんのアバター 34views

[Emmet]テーブルの基本

Emmet記法で以下のように書いて展開すると、基本のテーブルが展開されます。 この形を覚えるとテーブル作成がだいぶ楽になると思います。 table>tbody>(tr>th+td)*5 ↓ <table> &l 2016年8月8日
harada さんのアバター 2,142views

Chart.jsで凡例を削除する

オプションで以下のように「legend」の「display」を「false」にすることで、グラフに表示される凡例を削除できます。 var chart1 = new Chart(canvas, { type: "line", data: da 2016年8月3日
harada さんのアバター 250views

jQueryでクリックでフェードイン・フェードアウトさせる

jQueryはあらかじめ読み込んでおいて下さい。 <script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js" type="text/javascr 2016年8月1日
harada さんのアバター 108views

記事にslackに投稿するボタンをつける

WordPressの場合は記事ページに以下のコードを設置するだけで、記事に「slackに投稿する」ボタンをつけられます。 WordPress以外はdata-url="<?php the_permalink();?>"の部分を適宜 2016年7月26日
harada さんのアバター 649views

LINEの画面シミュレーターあれこれ

擬似的なLINE画面を作成できるシミュレータをご紹介します。 基本的にはクリエーターズスタンプのシミュレートに利用する用で、それ以外の機能に関してはあまりちゃんとしていないようです。 LINEの公式シミュレータ クリエーターズアカウントの作 2016年7月21日
harada さんのアバター 264views

Contact Form 7で変数を取得してメールに表示する

テンプレートで設定した変数などをコンタクトフォームで取得して送信したい場合は以下のように設定します。 コンタクトフォームのフォームの設定 変数を取得する用に、IDを設定した入力フォームを一つ作成し、フォームに追加します。 [text inv 2016年7月20日
harada さんのアバター 1,465views

「LINEで送る」ボタンを設置する

「LINEで送る」ボタンは現在以下の2種類が用意されています。 用途によって使い分けるのがいいかと思います。 基本的には公式ページのコードをそのまま入れるのみで表示されます。 設置方法|LINEで送るボタン <span> < 2016年7月19日
harada さんのアバター 82views

Illustratorでよく使うショートカット

最近Illustratorをよく使うので多用するショートカットをメモしておきます。 ⌘ + d前処理を繰り返す ⌘ + fコピーしたオブジェクトを同じ位置にペーストする ⌘ + 2オブジェクトをロック ⌘ + 3オブジェクトを隠す ⌘ + 2016年7月14日
harada さんのアバター 6views

Buttonを押しても送信されないにようにする

WordPressの編集画面にあるjQueryプラグインを組み込んだところ、そのプラグインに入っていたボタンを押すと、編集画面が更新されてしまうようになってしまいました。 なぜかなと調べたところ、buttonタグはtype="button" 2016年7月12日
harada さんのアバター 66views

投稿画面をタブで分割するプラグイン「Tabify Edit Screen」

カスタムフィールドやプラグインを利用して機能を増やしてしまうと、WordPressの新規投稿画面が長くなってしまうことがあります。 そんなときに使えるのが、「Tabify Edit Screen」プラグインです。 このプラグインは名前のとお 2016年7月8日
harada さんのアバター 72views

WordPressの投稿画面を1カラムに統一する

functions.phpに以下の記述を追加します。 カスタム投稿の場合 //custompostname を適宜カスタム投稿の名前に変更してください。 function custom_post_one_columns_screen_lay 2016年7月6日
harada さんのアバター 317views

「X-editable」を利用してその場で編集するUI(Edit In Place)を導入する

X-editableプラグインを利用することで、その場で編集するUI(Edit In Place)を簡単に導入することができます。 ダウンロードとデモはこちらから。 X-editableプラグインはBootstrapとjQuery UI、j 2016年7月5日
harada さんのアバター 43views

WordPress:投稿の公開ボタンを表示する

functions.phpに以下を追加します。 function show_publish_button(){ global $post; //管理者アカウントにのみボタンを表示するようにします。 if (current_user_can( 2016年7月4日
harada さんのアバター 33views

カスタムフィールド情報などをアップデートする場合に自動セーブの時はアップデートしないようにする

カスタムフィールド情報などをアップデートする場合に自動セーブの時はアップデートしないようにするときは、if ( defined('DOING_AUTOSAVE') && DOING_AUTOSAVE )を利用します。 fun 2016年7月1日
harada さんのアバター 43views

PHPの定数で自身のパスを取得する

PHPでは予め自動的に定義されていて利用できる定数があるようです。 __FILE__ 記述したphpファイル自身のパス dirname(__FILE__) 記述したphpファイルが置いてあるディレクトリのパス basename(__FILE 2016年6月30日
harada さんのアバター 100views

JavaScript:変数で足し算をする

変数定義の際にvar aaa = ''としてしまうと文字列として認識されてしまうため、var aaa = 0のように数値として扱うように注意します。 var vacancy_result = 0;//変数は数値 var result = ' 2016年6月29日
harada さんのアバター 86views

PHP:foreachで繰り返す回数を指定する

ex. $infos という変数に配列が入っていて3回だけ繰り返したい場合 $i = 0; foreach ($infos as $info) { if($i >= 3){ break; } echo $visit_info['dat 2016年6月28日
harada さんのアバター 173views

「99designs」でロゴを発注してみて分かったポイント

99designsは世界最大級のデザインマーケットプレイスです。 簡単にいうとデザインに特化したクラウドソーシングサービスのことですね。 実際に99designsを利用してロゴを作成する機会があったため、気付いたことや反省点などをメモしてお 2016年6月27日