muramatsu さんのアバター 87views

HTMLとjavascriptでアップロードされた複数のファイル名を取得する

html側 //multipleと name tmpfile[] という配列にする事によって複数選択可能 //onchange はフォームに変化が起きた時に起こすイベントハンドラ(今回はcheckfile関数を指定) <input t 2016年11月30日
muramatsu さんのアバター 137views

htmlで擬似ボタンを作る

スクリプト //本命のボタン onClickイベントハンドラが実行された時にをinf関数を実行するようにする style=display:none で非表示にしてます <input type="button" id="button_p 2016年11月30日
muramatsu さんのアバター 55views

phpでのシングルアローとダブルアロー

javascript とかだと hoge.test[0] hogeオブジェクトのtestプロパディの配列の1番目にアクセスみたいな感じですがphpだとシングルアローでアクセスできます。 <?php //testクラスを定義 class 2016年11月30日
muramatsu さんのアバター 35views

javascriptでファイルを複数選択した際の名前を表示する(HTML側)

htmlとjavascriptでファイルを複数選択してその選択したファイル名を取得するスクリプト html側 <input type="file" id="file_id" name="file_name[]" multiple="m 2016年11月28日
muramatsu さんのアバター 11views

php の引数

php hogehoge.php aaa みたいな形でphpのスクリプトをlinuxとかosから実行させるときに引数の aaa は$argv[] に配列として入ります(ただし$argv[0] はスクリプトの実行に使う名前(そのスクリプトの名 2016年11月25日
muramatsu さんのアバター 9views

PHPで改行

echoで出力する時に改行できるかもしれない .PHP_EOL <?php echo hogehoge.PHP_EOL; echo hogeeee ?> で改行ができてるとおもいます 2016年11月25日
muramatsu さんのアバター 29views

aws jdk for php で ec2 のインスタンスのIDを取得する

スクリプト $hogehoge = $Client->describeInstances(array( 'Filters' => array( array( 'Name' => 'instance-state-name', 2016年11月18日
muramatsu さんのアバター 28views

AWS JDK for PHP の軽い使い方

コマンドリファレンス ver 2 http://docs.aws.amazon.com/aws-sdk-php/v2/api/index.html ver 3 http://docs.aws.amazon.com/aws-sdk-php/v 2016年11月18日
muramatsu さんのアバター 13views

AWS JDK for PHP の導入

composer というPHPのパッケージをインストールするのに使いやすいものをつかいます インストール方法 環境 OS AmazonLinux curl -sS https://getcomposer.org/installer | ph 2016年11月18日
muramatsu さんのアバター 100views

ファイル監視ツール inotifywait の導入

ファイルを監視して告知するツール inotifywaitの導入の仕方です。 #基本 yum inotify-tools #で大丈夫ですがリボジトリにない場合は作れる vim /etc/yum.repos.d/dag.repo #yumのリボ 2016年11月11日
muramatsu さんのアバター 232views

PHPによるPOSTの一時ファイルの場所

HTMLでファイルをアップロードした時動作としてはHTMLからファイルがサーバーの一時ディレクトリに送られてそこからスクリプトが終了するまで一時ディレクトリに保存され続けるのですが(スクリプトが終わったら一時ファイルにあるファイルは消える) 2016年11月11日
muramatsu さんのアバター 132views

linux で物理CPUの数、物理コア数、論理コア数を調べる。

/proc/cpuinfo とかで見れるPCの情報ですがそこから物理CPUの数、物理コア数、論理コア数を調べるやり方を軽く纏めておきます。 物理CPUの数 cat /proc/cpuinfo | grep "physical id" phy 2016年11月7日
muramatsu さんのアバター 45views

アクセスログ解析ツール Webalizerのインストール

アクセスログをHTMLに出力してウェブブラウザから視覚化(GUI)することできるツール Webalizer そのインストール手順を軽く纏めます。 1. 公式(?) からwgetでzip化されたWebalizerのソースコードをサーバーに引っ 2016年11月4日
muramatsu さんのアバター 52views

php でファイルを削除、zip圧縮する

PHPからファイルをunlink関数が使えます。 unlink ファイル名 Zipする場合はZipArchiveクラスがありますが、外部コマンドでzipした方が早いかもしれないです。 OS Linux exec(zip hogehoge) 2016年11月2日
muramatsu さんのアバター 14views

PHPにおける複数のファイルの受け取り

phpで複数のファイルをサーバーにアップロードした後その情報をサーバーから受け取ることについてすこしだけ書いていきます。 基本アップロードされたファイルは グローバル変数の$_FILESに格納されているのでそれぞれを取り出します。 アップロ 2016年10月31日
muramatsu さんのアバター 12views

PHP におけるファイルを一行ずつ呼び出す

PHPでファイルを一行ずつ読み込むやり方         $FP = fopen("hogehoge.txt","r"); if($FP){ while($HOGE= fgets($FP)){ exec("echo ${HOGE}"); } 2016年10月24日
muramatsu さんのアバター 110views

php によるサーバーからのファイルのDL

PHPによるサーバーからのファイルのDLのやり方です。 header 関数とreadfile 関数を使う。 //ファイルタイプを指定 (application/PDF とかで指定可) header('Content-Type: applic 2016年10月24日
muramatsu さんのアバター 76views

php でファイルをアップロードする

ファイルのアップロード HTML側の設定 //先ずエンコード方式を決める。特にmethodとencenctypeは以下のように指定しないとだめだと思います <form id="任意" name="任意" action="アップロード先 2016年10月24日
muramatsu さんのアバター 71views

html でファイルを複数アップロードの指定をする

input type=”file” とかで指定あげると自動的にファイルのアップロードの項目を作ってくれるがこれだけだと一つのファイルしか指定できないなので multiple 属性を指定あげると複数できます ただ配列で 2016年10月21日
muramatsu さんのアバター 123views

logjam 対策 と軽い暗号スイートの説明

logjam という脆弱性ついてまとめてみたいと思います。 概要 第三者が輸出グレード暗号を使ってTLS接続する際に512bitの鍵の強度にダウングレードさせるという脆弱性です。 対策(今回はサーバー環境はapacheを想定) 基本 ssl 2016年10月19日
muramatsu さんのアバター 64views

PHPにおけるセッション

phpにおいてセッションとは値などををサーバー側に保存しておくことです。ブラウザ側に保存する場合はクッキーだと思います。 今回そのセッションの作成と呼び出し方や削除の方法をほんのちょっとだけ説明したいと思います test1.php < 2016年10月19日
muramatsu さんのアバター 20views

PHPにおける文字列の含みで条件分岐

phpで調べたい文字列にある文字列がはいっているかどうかで条件分岐する時に役立つかもしれないです。 if (strpos("対象の文字列","検索をかけたい文字列") !== false){ //文字列が含んでいるときの処理 } else{ 2016年10月19日
muramatsu さんのアバター 103views

LinuxにおけるSSL証明書の整合性確認方法

SSL証明書の秘密鍵やサーバー証明書、中間証明書の整合性を openssl コマンドを使って確認する方法を軽くまとめておきます。 OSはLinux です。 //まずはサーバー証明書と秘密鍵の整合性確認です。 //サーバー証明書の確認(秘密鍵 2016年10月19日
muramatsu さんのアバター 43views

HTMLのページ内でPHPを動かす

HTMLの作成されたページをウェブブラウザで開いてそのページ内でPHPとか動かしたい時に使いたい時があります。 その時はapacheのhttpd.confのその動かしたいページのディレクティブに記載すれば動くと思います。 環境は サーバー  2016年10月14日
muramatsu さんのアバター 46views

windows で日付をフォルダ名に付ける

Windowsでフォルダ名に日付やら時間をつける時環境変数のdateやらtimeやらで表示させてそのあと任意の文字数を取り出すという形をするとうまくいくと思います。 mkdir C:\Users\%date:~10,4%%date:~7,2 2016年10月7日
muramatsu さんのアバター 41views

HTML で枠を作る

HTMLで枠を作るときはスタイルシートを作るといいかもしれないです てすとです コードは <html> <head> </head> <body> //solide というのが実線 borde 2016年10月3日
muramatsu さんのアバター 30views

LAP環境のスクリプト

Linux  Apache PHP でapache内のファイルを置き換えて更新してページを飛ばすというスクリプトを作成したので自分用にスクリプトを書いておきます。 HTMLのスクリプト <html> <head> / 2016年10月3日
muramatsu さんのアバター 200views

phpのソースコードからインストール済みのapacheのモジュールとしてphpを追加する

apacheをインストール後にモジュールを追加する方法をphpのモジュールでやる感じです 他のモジュールを入れる際も多分同じような流れだとおもいます 大まかな流れとしましては ソースコードから展開する → ./configure する際に  2016年9月30日
muramatsu さんのアバター 87views

apache そのものを root として動かす

apache の 設定ファイル httpd.conf の User と Group は apache自身が何かであるかを記載するディレクティブで apache と書いたなら 名前が apache となり deamon なら deamon と 2016年9月28日
muramatsu さんのアバター 48views

ソースコードから apache をビルドする

必要なもの (ソースコードはapache の公式からwget かなんかでダウンロードできると思います) apache 本体のソースコード (http://httpd.apache.org/download.cgi からDL可能) APR の 2016年9月28日