watanabe さんのアバター 182views

Swiftで画像選択画面を出す

if UIImagePickerController.isSourceTypeAvailable(UIImagePickerControllerSourceType.PhotoLibrary) { let controller = UIIm 2015年6月25日
watanabe さんのアバター 14views

入力欄が正しい位置に配置されない場合の対処法

入力欄が正しい位置に配置されていないとき、alt+command+Iで要素の検証で調べ、やがきちんと書かれているかを確認してみてください。僕の場合はこれらのタグがないために、メモ欄がずれるというバグが発生してしまいました。 バグを解消する方 2015年6月19日
watanabe さんのアバター 795views

SDWebImageにあるキャッシュをクリアするメソッドまとめ

SDWebImageではキャッシュをクリアするメソッドが3つ用意されています。 SDWebImageでの画像キャッシュはメモリキャッシュとなる場合とディスクキャッシュとなる場合があるので、 それぞれに応じたキャッシュクリアのメソッドが存在し 2015年6月18日
watanabe さんのアバター 516views

SDWebImageのsd_setImageWithURL()について

UIImageView.sd_setImageWithURL(URL, placeholderImage: UIImage) SDWebImageを利用して画像をUIImageViewにセットする場合はsd_setImageWithURLで 2015年6月11日
watanabe さんのアバター 264views

SwiftでDateからStringへ変換する

let dateFormatter = NSDateFormatter() dateFormatter.locale = NSLocale(localeIdentifier: "ja_JP") dateFormatter.dateForma 2015年6月10日
watanabe さんのアバター 335views

SDWebImageでキャッシュした画像があるか判定する

let imageUrl = "キャッシュした画像のURL" as String SDWebImageManager.sharedManager().imageCache.queryDiskCacheForKey(imageUrl, don 2015年6月4日
watanabe さんのアバター 109views

SwiftでSDWebImageを使う

@IBOutlet weak var ImageView: UIImageView! override func viewDidLoad() { --略-- ImageView.sd_setImageWithURL(NSURL(string 2015年6月3日
watanabe さんのアバター 30views

CoreDataに新規データを保存する

let EntityDescription: NSEntityDescription! = NSEntityDescription.entityForName("EntityName", inManagedObjectContext: NS 2015年5月28日
watanabe さんのアバター 124views

curlでパラメータを渡す

curl 任意のURL -d "key=value" 上記のように-dオプションを使うことでフォーム送信と同様にパラメータを渡すことが出来ます。 他にも-Fオプションでフォームからのファイルアップロードや-Tオプションで直接ファイルアップロ 2015年5月27日
watanabe さんのアバター 65views

ポート番号80番と5432番を簡単に利用中にする方法

ポート番号80番や5432番が利用中の場合で何かしらのプログラムをインストール出来るか検証するとき、 以下の方法を用いれば簡単にポート番号80番と5432番が利用中の状態となります。 80番の場合 # yum install httpd # 2015年5月21日
watanabe さんのアバター 40views

CentOSでのAipoの起動が上手くいかない場合の対処例

CentOSでのAipoの起動が上手くいかない場合、 /usr/local/aipo/tomcat/logs/catalina.outを確認してみてください。 そこに ~.so : cannot restore segment prot a 2015年5月20日
watanabe さんのアバター 385views

Velocityで多次元配列の中身を展開する

多次元配列は配列の中に配列が入っている状態が複数重なったようなものであり、 その配列それぞれをforeach文などで順番に展開していけば全ての中身を展開をすることも可能である。 例えば$resultの中にArrayという配列があり、その配列 2015年5月14日
watanabe さんのアバター 546views

android-mvc-frameworkについて

Android開発ではMVCフレームワークといったものは基本的になく、 ActivityがMVCフレームワークでいうところのControllerの役割となっていたり、 FragmentがActivityとViewの仲立ちをしていたりという感 2015年5月7日
watanabe さんのアバター 2,442views

Javaで改行コードを取得する

System.getProperty("line.separator") System.lineSeparator() //JDK1.7 上記の方法のいずれかを用いることで改行コードを取得できます。 改行コードは機種依存の定数のため、上記の 2015年4月30日
watanabe さんのアバター 77views

Wicketで繰り返し表示をする

wicketで繰り返し表示をする場合、ListViewを使います。 List<String> list = new ArrayList<String>(); list.add("メッセージ1"); list.add( 2015年4月23日
watanabe さんのアバター 20views

Javaで条件演算子を使う

条件式 ? 式1 : 式2 ; 上記のように記述することで、 条件式の結果がtrueの場合は式1、falseの場合は式2を実行します。 簡単な条件式や複雑な入れ子構造にならない場合にはif文を使うよりも簡潔に記述することが出来るため、おすす 2015年4月20日
watanabe さんのアバター 18views

EclipseでSimpleDBの情報を直接見る

EclipseでSimpleDBの情報を直接見るためにまずAWS Managementのパースペクティブを開きます。 そこでAWSExplorerからAmazon SimpleDBを選択し、ドメインの追加を行います。 ドメインの追加を正しく 2015年4月16日
watanabe さんのアバター 65views

JetSpeedでServletContextを正しく取得する

JetSpeedでServletContextを取得する場合、基本的にフレームワークの元々のコードとしては ServletContext context = getServletContext(); と書かれていますが、これは非推奨とされて 2015年4月9日
watanabe さんのアバター 3,486views

Date型の値をCalendar型に変換する

Date date; Calendar cal = Calendar.getInstance(); cal.setTime(date); dateに何か値が入っている場合は上記のようにCalendar型の変数を用意して、 そこにsetTim 2015年4月2日
watanabe さんのアバター 73views

Javaで数値の文字列フォーマットを行う

String.format("%1$03d", 3); 上記の場合には003という文字列が返されます。 DecimalFormatによる#を用いた桁数フォーマットがよく使われますが、 文字列でフォーマットを行う場合には上記のような方法もあり 2015年3月26日
watanabe さんのアバター 5,131views

toStringとvalueOfの違いについて

int.toString(); String.valueOf(int); 上記の2つのコードはいずれもintをStringに型変換してくれるものですが、 若干の違いがあります。 その違いの一例として、上記のintにnullが入った場合には 2015年3月25日
watanabe さんのアバター 86views

Javaでファイル拡張子に基づいたフィルタリングを行う

Javaでファイル拡張子(ファイル名の末尾)に基づいてフィルタリングを行う場合は以下のような処理になります。 public static boolean FileFilter(String fileName) { String FILTER 2015年3月19日
watanabe さんのアバター 64views

DojoでAjax通信を行う

DojoでAjax通信を行う場合は以下の処理を使うことで簡単にAjax通信が行えます。 GETの場合 dojo.xhrGet(); POSTの場合 dojo.xhrPost(); 上記の処理にurlやcontentといったパラメータやloa 2015年3月18日
watanabe さんのアバター 477views

JavaScriptでMacのcommandキーのkeyCodeを取得する

JavaScriptでcommandキーのkeyCodeを取得する場合のkeyCodeの指定は以下のようになります。 e.metaKey commandキーはMetakeyとして認識されます。 WindowsではWindowsマークのキーが 2015年3月12日
watanabe さんのアバター 47views

タイムラインへの投稿を直接行う処理

int uid = 11; // 任意のユーザーID(仮に11とする) Date now = new Date(); EipTTimeline timeline = Database.create(EipTTimeline.class); 2015年3月11日
watanabe さんのアバター 67views

git addで空白の違いを排除する

git diff -w --no-color | git apply --cached 上記のコマンドを使うことで空白の違いによる差分を排除した差分をgit addすることが出来ます。 2015年3月5日
watanabe さんのアバター 27views

equalsによる文字列比較について

equalsを用いた文字列の比較、判定において StringText.equals("text"); "text".equals(StringText); の2通りのコードを書くことができます。 2つともtextと文字列StringText 2015年3月3日
watanabe さんのアバター 136views

Aipoでrundataからログインユーザーのidを取得する

rundataが取得できている関数の中でログインユーザーのUserIdを取得する方法として Integer loginUserId = ALEipUtils.getUserId(rundata); があります。 今回はUserIdの取得につ 2015年2月25日
watanabe さんのアバター 117views

Tomcatのコンテキスト定義について

Tomcatのコンテキスト定義の更新をした時、その内容は tomcat > libexec > conf > Catalina > localhost以下のxmlファイルに反映されています。 そのxmファイル内のpathでルート以下のパスの 2015年2月20日
watanabe さんのアバター 2,942views

JavaのHTMLエスケープに関する処理

Javaで文字列をHTMLエスケープする場合は以下の処理を使います。 StringEscapeUtils.escapeHtml(String); また、JavaでHTMLエスケープされた文字列を戻す場合は以下の処理を使います。 String 2015年2月19日