ysugiyama12 さんのアバター 5views

Atomでsvgファイルを表示する

インターネット上のサイトでも出来ると思われるが、atomのパッケージ「svg-preview」を用いると更新があるとすぐに反映する svgの表示ができる。 表示したいsvgのファイルを開き、Command+fn+option+vで開くことが 2017年6月23日
ysugiyama12 さんのアバター 8views

hiddenのinput要素で値をPOSTする

見えないinput要素を設定してそのvalueを保持しておいてリクエスト先で取得することができる。 <input id="flg_data" name="delete_data" value="F" type="hidden" /&g 2017年6月21日
ysugiyama12 さんのアバター 4views

crontabについて

決められた時刻にある処理を自動的に実行したい場合にcrontabというものを用いる。 * * * * * (command)の形式で入力する。それぞれ*には左からminutes(0-59),hour(0-23),day of manth(1 2017年6月16日
ysugiyama12 さんのアバター 9views

CakePHPでエラー画面を変更する

デフォルトで表示される赤っぽいデザインの画面を表示させたくないとき,app.phpにある 'debug' => filter_var(env('DEBUG', true), FILTER_VALIDATE_BOOLEAN), この&# 2017年6月9日
ysugiyama12 さんのアバター 8views

データの更新時にキャッシュをリセットする

データを更新した時にキャッシュを消去する関数を紐付かせておくことで更新した内容を取り損ねないようにする。 add_action('save_post', 'reset_cache' ); このようにadd_actionでreset_cach 2017年6月2日
ysugiyama12 さんのアバター 11views

キャッシュとしてデータをデータベースに保存する

処理が重い関数を毎回呼び出すことは処理速度の低下を招くので一定期間キャッシュとして保存しておくとよい。 <?php set_transient( $transient, $value, $expiration ); ?> $tr 2017年5月31日
ysugiyama12 さんのアバター 39views

d3.js でx軸のラベルを文字列にする

通常はラベルの数値を元に範囲を取得して均等に表示する処理をしているが、それをせずにデータ数に応じて均等に配置する。 いじる部分だけピックアップ var xScale = d3.scale .ordinal() .domain(d3.rang 2017年5月24日
ysugiyama12 さんのアバター 14views

ファイルやフォルダの取得、削除など

use Cake\Filesystem\Folder; use Cake\Filesystem\File; これらを取り込むことでファイル操作が可能となる。 例えば、$image_pathにrootからのpathが入っているとすれば(フォル 2017年5月19日
ysugiyama12 さんのアバター 5views

in_arrayという関数

配列に該当する要素が含まれていればtrueを返す関数in_arrayは使い方に注意したほうがよい。 たとえば $array = [0,1,2,3,4]; $input = 3; in_array($input, $array); このように 2017年5月17日
ysugiyama12 さんのアバター 18views

placeholderに翻訳機能を適用させる

placeholderによって指定された文字列はそのままだと翻訳の対象とならずページ全体を翻訳してもそこだけ無視されてしまう。 そこで、stackoverflowにあった処理を行ったら上手くいったのでまとめておく。 // Find all 2017年5月10日
ysugiyama12 さんのアバター 8views

改行タグの置換

‘\n’などを含む文字列をページに表示しても改行が反映されないことがある。 そのため、’\n’などは’‘に置き換える必要がある。 var text = '改行\nします 2017年4月28日
ysugiyama12 さんのアバター 13views

日時の表記

CakePHPでデータベースから日時(createdなど)を取得するとFrozenTimeというクラスの状態で出力される。そのままechoすると 4/21/2017 12:00 AM のような形式で出力される。これを〜年〜月〜日と日本の形式 2017年4月22日
ysugiyama12 さんのアバター 7views

ログイン認証ボタンの設置

cakePHPにおいて、controller, action, providerを指定して認証ページに飛ぶボタンの作成。     <?php echo $this->Html->link(           'ログイン' 2017年4月14日
ysugiyama12 さんのアバター 8views

画像のalt属性

<img src="hoge.jpg" alt="画像の説明" width="300" height="300" /> alt属性はimage要素内の属性値で、主に画像に関する説明を記述する部分である。 もし何らかのエラーで画像 2017年3月31日
ysugiyama12 さんのアバター 11views

地図や画像の上に透明なOverlayを配置

コンポーネントはnativeBaseのCardを用いて色を透明にすることで実現した。 <MapView region={this.state.region} style={mapstyles.map}> <Card sty 2017年3月28日
ysugiyama12 さんのアバター 10views

地図上でdrag&dropできるマーカーの作成

react-native-mapsにおいて自分で移動させたマーカーの座標を取得できる。 <MapView initialRegion={...}> <MapView.Marker draggable//draggableで 2017年3月24日
ysugiyama12 さんのアバター 13views

記事一覧などに便利なコンポーネント:Card

nativeBaseにあるCard要素を用いるとリスト形式のデザインが簡単に実現できる。 <ScrollView horizontal> <Card> <CardItem cardBody> <Im 2017年3月22日
ysugiyama12 さんのアバター 14views

文字が入力されている時だけ色が変わって押すことができるボタンの作成

割と使う機会が多いはずだが、綺麗にまとまっているサイトがなかったのでまとめておく。 class Hoge extends Component { constructor() { super(); this.state = { text: ' 2017年3月16日
ysugiyama12 さんのアバター 88views

NativeBaseを用いたReact Native のデザイン設計

iOS,Androidそれぞれの様式に合わせたコンポーネントをシングルソースで提供するオープンライブラリがNativeBaseである。 npm install した後、各ファイルにおいて必要なコンポーネントを import { Conten 2017年3月15日
ysugiyama12 さんのアバター 38views

PropsとStateについて

ここの理解がかなり怪しかったので自分なりにまとめます。 Props コンポーネント利用時に属性として設定できる値で、一度定義したらその値を変更することはできない。 例えば <MyComponent PropsName = "value 2017年3月10日
ysugiyama12 さんのアバター 16views

reduxにおいて大切な概念「flux」

fluxがどういうものなのかイメージがつかみにくかったのでまとめてみる。   ・データのフローは必ず一方通行になっている→原因や結果にかんする認識の切り分けが容易。   ・HTTPからのアクセスに対し、大きく「Action」「Dispatc 2017年3月6日
ysugiyama12 さんのアバター 67views

React Nativeで横スクロールするリストの作成

ComponentsのひとつであるScrollViewを用いて作成する。 <View style={styles.Overlay}> <ScrollView horizontal={true}> <Toucha 2017年3月1日
ysugiyama12 さんのアバター 12views

GASの諸機能

本日学んだGASの機能をメモしておく。 1.セル内の行の折り返し sheet.range.setWrap(true); //sheet,rangeは状況に応じて定義しておく 括弧内をfalseにすることで折り返しをキャンセルすることもできる 2017年2月27日
ysugiyama12 さんのアバター 82views

GASの基本的な書き方

Google Apps Scriptにおける基本的なシートの読み取り、書き込みのまとめ。 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); var sheet = ss.getSheetByNa 2017年2月22日
ysugiyama12 さんのアバター 25views

JavaScriptで文字列をいじる

1.全角カナを半角カナに変換する 自作することもできそうだが、MITによって配布されているので利用させていただく。 http://freesofutotravel.blog94.fc2.com/blog-entry-19.html?sp 2 2017年2月20日
ysugiyama12 さんのアバター 109views

Reactの基本的な書き方

新しいアプリ作りのために一からReactの文法を覚えている途中なので自分のためにも得た知識をまとめていく。 などにはスタイルを指定することが多い。cssのような書き方で指定できる。 <View style = {styles.cont 2017年2月15日
ysugiyama12 さんのアバター 76views

React Nativeについて

物件の写真を管理するアプリにReact Native を用いる。Facebookが2015年に発表したモバイルアプリ開発のためのフレームワークである。 React.jsの文法を用いてiOS,Androidどちらでも動くネイティブアプリの制作 2017年2月13日
ysugiyama12 さんのアバター 10views

phpMyAdmin上でsql検索

sqlによるデータベースの検索をphpMyAdmin上で行う時は phpMyAdmin→左のツリーからWordpressを選択→上のタグから「SQL」を選択→表示されるテキストボックスに検索したい条件等を入力する。 phpファイルにコードと 2017年2月8日
ysugiyama12 さんのアバター 44views

jQuery UI のautocomplete機能

入力リストの候補を表示する時、通常のdatalistだとスマホなどでうまく表示できない場合があるので、かわりにjQuery UI のautocomplete機能を導入した。 下に一例を示す。 var list = []; list.push 2017年2月6日
ysugiyama12 さんのアバター 37views

get_postsのかわりにwordpressのsqlを用いる

get_postsはWordpressに備わっている関数を用いて条件に合致する記事を取得するものであるが、複数のループで処理をするため記事の件数が多い状態で検索をかけると処理に時間がかかってしまう。 そこで、データベースから直接記事を取り出 2017年1月30日