Objective-C(26)

24follower
yamagenii さんのアバター 34views

Objective-Cのメモリ解放

Objective-Cのメモリ解放はreleaseメソッドによって行われます int main(){ id obj = [NSObject alloc]; [obj release] } ... 2016年3月20日
yamagenii さんのアバター 34views

Objective-CのObjectが見つからない

やらなきゃやらなきゃと思っていたobjectiveCに取り掛かりました。 なかなか面白い言語のようですね、 xcodeのプロジェクトでやるとおまじないが多いので、とりあえずコマンドライン+コンパイラでhello worldします cのコ... 2016年3月20日
you12724 さんのアバター 115views

swift と objective-c の変換

Swiftify swiftは歴史が浅いためobjective-cの文献のみしか見つからない時はいつも上記のサイトにお世話になっています。xcodeのバージョンの関係などから動かないこともありますが、関数の使い方など参考になる部分は多いです... 2015年11月10日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 884views

UITableViewの表示がおかしい時、確認すること その2

UITableViewの表示がおかしい時、確認すること | Hackへの追加です。 (3) subViewが蓄積されていないか UITableViewCellのオブジェクトは再利用されます。そのため、addSubViewのように、Cel... 2015年10月22日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 1,730views

UITableViewの表示がおかしい時、確認すること

UITableViewは速度の関係でセルの再利用を行っていたりセル再描画のタイミングを指示する必要があったりと、描画に関して気を配る必要があります。 もし、UITableViewが期待通りの表示内容になってくれないときは、次の事柄を確認す... 2015年10月15日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 138views

iOSの処理時間を確認したい

適当に確認したいだけなら以下のようにすると確認できます。 let start = NSDate() // 処理 let elapsed = NSDate().timeIntervalSinceDate(start) println(ela... 2015年10月2日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 54views

dequeueReusableCellWithIdentifierを利用する場合の注意点

UITableViewを利用する場合、Cellを再利用するためにdequeueReusableCellWithIdentifierを利用することが多いかと思います。 このとき、cellの描画を非同期に実行しようとすると、たとえば高速でUI... 2015年9月24日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 593views

UIImagePickerControllerを利用する場合の注意点

iPhoneのカメラロールやカメラ機能を利用する場合、それが簡易なものでよければUIImagePickerControllerを利用するのが一番簡単です。 ただし、UIImagePickerControllerには大きな制約が2つあるので... 2015年9月17日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 91views

Xcodeで行番号を表示する

Xcodeでは行番号がちょくちょく表示されていなかったりします。 その場合は以下の手順で設定が変更できます。 メニュー -> Xcode -> Preferences… -> Text Editing -> Show: Li... 2015年9月11日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 357views

NSManagedObjectContextの基本

CoreDataを操作する際にはNSManagedObjectとNSManagedObjectContextを利用します。 この2つは、次のような関係にあります。 NSManagedObject: 操作対象のレコードを表すオブジェクト... 2015年9月10日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 177views

iOS7でUser Defined Runtime Attributesを使う時の注意

Story BoardではUser Defined Runtime Attributesを用いて独自プロパティを設定することができます。 このとき、+ボタンで追加されるプロパティは初期状態ではkeyPath:Boolean = trueと... 2015年8月21日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 832views

TableViewの上に更新データを追加してもスクロール位置をずらさない

TableViewの上部に更新データを追加した場合、indexPathが全てズレるので、追加する前まで見ていたセルが下に押し下げられてしまいます。 そうではなく、上に追加しても見ていたセルが移動しないようにするには、たとえば以下のようにし... 2015年6月11日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 4,219views

Swiftで文字列<->日付の相互変換をする

日付文字列を取得するには、NSDateFormatterを利用します。 使い方 let date = NSDate() // タイムゾーンを言語設定にあわせる formatter.locale = NSLocale(localeIden... 2015年5月13日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 405views

NSDataからUIImageを作る

let image = UIImage(data: responseData) ... 2015年4月30日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 4,404views

SDWebImageの基本的な使い方

チートシート的なもの let imageURL = NSURL(string: "http://www.aimluck.com/img/top/img_01.png") let sampleImage = UIImage(named:"l... 2015年4月15日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 172views

Mantleでデータの変換・抽出を行う

マッピングライブラリのMantleですが、マッピングだけでなくオブジェクト変換時の要素の変換・抽出にも利用可能です。 例えば、名前データの入ったJSONを受け取り、名前と頭文字のキャッシュを持つオブジェクトに変換する場合、以下の様に実装が... 2015年4月15日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 240views

NSNotificationを追加・削除する

NSNotificationはaddObserverで登録することができますが、addObserverが返す返り値を利用してremoveObserverを起動することが可能です。 // 追加 let observer = NSNotifi... 2015年4月10日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 120views

MagicalRecordで全てのデータを一括削除する

truncateAllを利用することで、NSManagedObjectクラスに対応するデータが一括消去されます。 Profile.MR_truncateAll() 参考 MagicalRecordのREADMEを意訳 –... 2015年4月9日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 18views

Mantleで構造化されたデータを変換する

public class func JSONKeyPathsByPropertyKey() -> [NSObject : AnyObject]! { return [ "id" : "id", ... 2015年4月1日
Tomoumi Nishimura さんのアバター 578views

NSData型のJSONデータをNSDictionaryにする

let dict = NSJSONSerialization.JSONObjectWithData(responseData, options: nil, error: nil) as NSDictionary NSDictionary... 2015年4月1日