shindig(7)

7follower
Tomoumi Nishimura さんのアバター 39views

Apache Shindigで認証情報を利用したFilterを追加する

Shindigを利用している場合、認証情報はSecurityTokenを利用して受け渡しされます。 この情報は、ShindigのAuthFilterを通過した時にHttpServletRequest内に注入されます。 そこで、この情報を... 2015年12月11日
otaguro さんのアバター 67views

shindigでリクエストパラメータを見て400 Bad Request を返す

ProtocolExceptionを利用することで400 Bad Requestを簡単に返すことが出来るようです。 import org.apache.shindig.protocol.ProtocolException; if (!... 2015年6月23日
otaguro さんのアバター 36views

Aipo Web APIでmodelのgetterを命名するときの注意点

model(https://github.com/aipocom/aipo-opensocial/blob/9fb8070b2b1c881a1f48f6fd920ff6f2a775f232/social-api/src/main/java/... 2015年5月27日
otaguro さんのアバター 29views

ShindigのServletでHandlerのSocialRequestItemにパラメータを設定する方法

例えば、 AipoMessageHandler.get(SocialRequestItem request) 内で、request.getParameter(“key”)で取得できる値を追加するには、AipoData... 2015年5月14日
nbeppu さんのアバター 194views

Aipo Web API の開発環境

ブランチでの作業となりますが Aipo の Web API 開発環境の構築方法をメモしておきます。 OAuth テーブル作成 CREATE TABLE OAUTH2_TOKEN ( TOKEN_ID INTEGER NOT NULL, ... 2015年5月7日
otaguro さんのアバター 19views

shindigのDataServiceServlet.classでブレークする方法

400エラーが出る場合などに、原因を調べるときにはServletにブレークポイントを設定すると良いそうです。 .classのままだと、ブレークポイントを設定できないため、 新しくDataServiceServlet.javaを作った後、w... 2015年4月30日
otaguro さんのアバター 20views

shindigでパスにHandlerを対応付ける方法

ServiceもしくはOperationのアノテーションにPathを指定することで、そのURLにアクセスしたら、 Handlerが呼び出されるように指定することが出来る。 例: @Service(name = "messages", pa... 2015年4月28日