TOPとPSのCPU使用率の違いについて

TOPやPSでプロセスごとのCPU使用率が表示できますが、この2つは大きく値がことなります。

TOPのCPUは

前回のスクリーン更新からの、タスクの所要 CPU 時間の占有率。総 CPU 時間のパーセンテージで表される。

で、PSのCPUは

プロセスの cpu 使用率は "##.#" というフォーマットである。現在のところ CPU 使用率は、プロセスの生存期間中に実行に利用した時間のパーセンテージで表される

となっています。 つまるところTOPの方は短いスパンでのCPU使用率を表示できるものであり、負荷調査の役に立つ数字です。
PSの方はプロセスが起動してからどの程度CPUを使っているかの割合であり、定常的にサーバーのリソースを多く使っているものを判定するものになるため、負荷調査で使ってはいけない数字になります。

なので、サーバーの監視用途にPSのCPUは使ってはいけないようです。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。