swiftで警告マーク!のボタンを配置する

        let button = UIButton()

        //警告マークの文字・フォント・色を設定
        button.setAttributedTitle(NSAttributedString(string: "\u{f06a}",
            attributes: [NSFontAttributeName: UIFont(name: "FontAwesome", size: 20)!,
                NSForegroundColorAttributeName:UIColor(hexString: "#d83c2a", alpha: 1)]
            ), forState: UIControlState.Normal)

        //背景のサイズと角丸の設定
        let radius = 12
        button.frame = CGRectMake(0, 0, CGFloat(radius*2), CGFloat(radius*2))
        button.layer.cornerRadius = CGFloat(radius)

        //背景色
        button.backgroundColor = UIColor(red: 1, green: 1, blue: 1,alpha: 1)

        //配置場所を右端に設定
        button.layer.position = CGPoint(x: UIScreen.mainScreen().bounds.width-20, y:CGFloat(radius))

        //ボーダーを除去
        button.layer.borderWidth = 0

        //viewにボタンを追加する
        self.sampleView.addSubview(button)

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様