get_postsで投稿したデータを取得する〜その一〜

ついつい楽なのでWP_Queryを使ってしまいますがグローバル変数を書き換えてしまっているのでおすすめしないということでget_postsを使おう!ということです。get_postsもWP_Queryは使っているのですが新しいオブジェクトとして参照しているので大丈夫だそうで。

<?php $args = array(
    'posts_per_page'   => 5,
    'offset'           => 0,
    'category'         => '',
    'category_name'    => '',
    'orderby'          => 'date',
    'order'            => 'DESC',
    'include'          => '',
    'exclude'          => '',
    'meta_key'         => '',
    'meta_value'       => '',
    'post_type'        => 'post',
    'post_mime_type'   => '',
    'post_parent'      => '',
    'author'       => '',
    'post_status'      => 'publish',
    'suppress_filters' => true 
);
$posts_array = get_posts( $args ); ?>

という感じで検索条件やソート条件などのパラメータを引数として用います。パラメータの中身については次回見ていこうと思います。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWSの移行・構築はプロにおまかせ

サーバーからAWSへの移行も新規構築も初期費用無料です。
面倒なサーバー業務は全てお任せください。

くわしく読む