get_postsで投稿したデータを取得する〜その一〜

ついつい楽なのでWP_Queryを使ってしまいますがグローバル変数を書き換えてしまっているのでおすすめしないということでget_postsを使おう!ということです。get_postsもWP_Queryは使っているのですが新しいオブジェクトとして参照しているので大丈夫だそうで。

<?php $args = array(
    'posts_per_page'   => 5,
    'offset'           => 0,
    'category'         => '',
    'category_name'    => '',
    'orderby'          => 'date',
    'order'            => 'DESC',
    'include'          => '',
    'exclude'          => '',
    'meta_key'         => '',
    'meta_value'       => '',
    'post_type'        => 'post',
    'post_mime_type'   => '',
    'post_parent'      => '',
    'author'       => '',
    'post_status'      => 'publish',
    'suppress_filters' => true 
);
$posts_array = get_posts( $args ); ?>

という感じで検索条件やソート条件などのパラメータを引数として用います。パラメータの中身については次回見ていこうと思います。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様