WordPressのプラグインで新しく作成した翻訳ファイルを配置する場所

日本語ファイルがないプラグインで簡易的に日本語ファイルを作成して利用する場合の配置場所についてです。

プラグインは定期的にバグフィックスなどのアップデートが行われるため、プラグインディレクトリ内のlanguageに置いてしまうと、アップデートの度に削除されてしまい、あげ直し、やり直しになってしまいます。

そこで以下の場所に配置することで、アップデートでの影響を受けずにすむことができます。

/wp-content/languages/plugins/

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。