ImageMagickをアップデートしてlibMagickCore.so.2が消えたら

こんなエラーがでたときの話です。

libMagickCore.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory - /path/to/dir/RMagick2.so <LoadError>

昔のCentOS6はImageMagickの6.5系だったのですが、CentOS6最新だとImageMagickの6.7系になります。

6.7にすると「libMagickCore.so.2」が消えて、「libMagickCore.so.5」になり、rubyを手動でインストールなどを行った場合問題が出てしまいます。

シンボリックリンクでごまかせるのか不明だったのでバックアップしてあったRPMから戻してファイル復活。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様