よくどこに処理があったか忘れがちなので。

https://github.com/aipocom/aipo/blob/master/core/src/main/java/com/aimluck/eip/services/storage/ALStorageService.java

  public static InputStream getFile(String rootPath, String dir, String fineName)
      throws FileNotFoundException {
    return getService().getFile(rootPath, dir, fineName);
  }

  public static InputStream getFile(String filePath)
      throws FileNotFoundException {
    return getService().getFile(filePath);
  }

のreturn文にブレークポイントを貼って、
ブラウザを操作してファイルを保存する処理やファイルをダウンロードする処理を呼び出すとブレークしますので、
filePath, rootPath, dir, fineNameあたりの変数をマウスオーバーして確認できます。


関連記事