自動テストの明示的な待機について

自動テストを行うときに、投稿のページで投稿が正常になされたか確認するためのコードです。 セレクタの指定はxpathを用いて行っています。

var exp = "{投稿完了時に出現するメッセージの場所指定}";
var element = driver.findElement(By.xpath(exp));              
driver.wait(until.elementTextIs(element,'{指定テキスト}'), 5000);

指定したテキストが指定した場所に出てくるまで待つということです。はじめはこの後に

.then(function(){中身を確認する機能});

とつなげて中身を確認していたのですが、指定したテキストを得られない場合はそもそも{}の中へ進行しないので必要ありませんでした。 中身を確認しようとした時にelementTextIsの返り値についてはよくわかりませんでした。consloe.log()で出してやると中身は空のようですが、isNAN()の返り値がtrueだったので果たして何が入っていたのか。返り値は持たないのかもしれないです。 とにかくそのことは気にせず切ってしまったので問題はありませんでしたが、そのうち調べておきます。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様