コールバック関数

コールバック関数を少し勘違いしていたのでまとめます。 コールバック関数とは関数に引数として渡されることのできる関数です。ある関数が行われる時にさらに別の関数が起こるようにするなどということができます。 非同期通信で流れの制御をする上で役に立ちます。 今日触れた一例(JavaScript)を書くと下のリストのようになります。

  function setAround (neadGeocode, callback) {
      var callback = callback || function(){return;};
      complete: function () {
      return callback();
      }
});

このsetAround関数の外で適当なコールバック関数を定義してやればsetAround関数内の条件がcompleteされた時に指定した処理が行われます。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様