python 例外処理 例外の情報を出力

例外の情報を出力するときに、自分で整形した内容ではなく、エラーの情報そのものを出力する方法です。 exceptで受ける形名を Exception にしておけばすべての例外を受け取れます。

try :
    ...
    x = 1/0       //よくある例外(integer division or modulo by zero)
    ...

except Exception as e:
    print '***** エラー内容 *****'
    print 'type:' + str(type(e))
    print 'args:' + str(e.args)
    print 'message:' + e.message
    print 'e自身:' + str(e)

出力はこんな感じ

***** エラー内容 *****
type:<type 'exceptions.ZeroDivisionError'>
args:('integer division or modulo by zero',)
message:integer division or modulo by zero
e自身:integer division or modulo by zero

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様