WordPress 4.6へアップデートを行うときは必ずWP Multibyte Patchも2.7にする

昨日リリースされたWordPress4.6へとWordPressを更新する場合は、必ず、WP Multibyte Patchプラグインを2.7以上にアップデートする必要があるとのことです。

WP Multibyte Patch 2.7から引用

本バージョンには投稿エディタのリンク挿入機能に関連する wplink.js の重要な互換性の修正が含まれています。WordPress 4.6 へ更新を行う場合は、必ず WP Multibyte Patch 2.7 の更新もあわせて行ってください。

これまでもリリース時にリンク挿入機能が効かなくなるなど不具合があったので、今回はそういうことがないように忘れずにアップデートしたいですね。

参考:WordPress 4.6公開、ネイティブフォントでデザイン性と性能向上

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。