Cayenneのエンティティファイルにメソッドを実装するとき

最近ではMVCモデルのMで実装することが良いとしている風潮もありますがORMマッパーであるCayenneを使用しているソフトで実装するときは注意があります。

CayenneでgenerateするエンティティクラスはDataMap.java,その親クラスの_DataMap.javaのように2種類ありますが、この内編集できるのはDataMapクラスのみです。

よく見たら_DataMap.javaのヘッダーにはこんなことが書かれています。

/** Class _EipTMemo was generated by Cayenne.
  * It is probably a good idea to avoid changing this class manually, 
  * since it may be overwritten next time code is regenerated. 
  * If you need to make any customizations, please use subclass. 
  */

次生成したら更新して消えてしまうようですね

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様