jQuery:要素の表示/非表示で行う処理を切り分ける

要素の表示・非表示が切り替わる場合、それに伴うメニューのclass付けなどに役に立ちそうですね。

if ($('#edit_detail').css('display') == 'block') {
 // 表示されている場合の処理
 alert('表示中です');
 } else {
 // 非表示の場合の処理
}

参考:jQueryで要素の表示・非表示を判定する方法

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様