PHPのエラーログ取得

kato770 47views 更新:2016年12月8日

PHPのエラーログ取得手段を調べると、一般的にApacheとかと組んだ前提の記事(php.iniやsyslogなど)が多く出ます。 スクリプトでcurlなどを使った接続を行う際のログは自前でファイルを用意するだけでいいみたいです。

その際はtryとcatchを使い、try失敗でcatchに飛ぶようにします。

$url = "https://~~~";
$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $url);
curl_setopt($ch,CURLOPT_RETURNTRANSFER,true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER,$headers);

try{
$html = curl_exec($ch);
} catch(exception $e){
file_put_contents(ERROR_LOG, $e->getMessage());
exit();
}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません