keepalived の設定

muramatsu 49views 更新:2017年1月23日

keepalivedの設定をちょっとまとめてみます(導入は yum install かなんかでできると思います)
環境

OS CentOS6

マスター側の設定 vim /etc/keepalived/keepalived.conf

! Configuration File for keepalived

global_defs {
  notification_email {
        #任意にメールアドレスを設定
    hogehoge.com
  }
     #同様にメールアドレスを設定
  notification_email_from hogehoge 
  smtp_server 172.30.2.153
  smtp_connect_timeout 30
}
vrrp_instance VI_1 {
   interface eth0
   #ここは MASTERを指定
   state MASTER
   virtual_router_id 51
   priority 101
   #任意に virtualIPを決める
   virtual_ipaddress {
       172.30.2.153
   }
}

スレーブ側の設定 vim /etc/keepalived/keepalived.conf

! Configuration File for keepalived

global_defs {
  notification_email {
    #任意
    hogehoge.com
  }
   #任意
  notification_email_from sonar@sonarsrv.com
  smtp_server 172.30.2.153
  smtp_connect_timeout 30
}
vrrp_instance VI_1 {
   interface eth0
      #ここは BACKUP を指定
   state BACKUP
   virtual_router_id 51
      #さっきのマスターより1でもいいので少ない値を指定する
   priority 100
     #さっきのマスターで指定したのと同じIPを指定する
   virtual_ipaddress {
      172.30.2.153
   }
}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません