Aipoの特定のログだけ他のファイルに隔離する方法

例えば、JetspeedLogFactoryService.getLogger(ALEipAuthentication.class.getName())によって出力されるログを

別のファイルに隔離するには、log4j.propertiesに

# InvalidPassword
log4j.appender.invalidPassword = org.apache.log4j.RollingFileAppender
log4j.appender.invalidPassword.MaxFileSize = 1000KB
log4j.appender.invalidPassword.MaxBackupIndex = 30
log4j.appender.invalidPassword.file = ${catalina.base}/logs/invalid-password.log
log4j.appender.invalidPassword.layout = org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.invalidPassword.layout.conversionPattern =%d <%-5p> (%t) [%F:%L]- %m%n
log4j.appender.invalidPassword.append = true

log4j.additivity.com.aimluck.eip.services.security.ALEipAuthentication = false
log4j.category.com.aimluck.eip.services.security.ALEipAuthentication = error, invalidPassword

を追記します。

log4j.additivity.com.aimluck.eip.services.security.ALEipAuthentication = false

が、上の階層(log4j.rootCategory=warn, allなど)でログが出力されないようにする部分で、

その他の部分が、invalid-password.logにログを出力するための部分となります。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様