addQueryData()でURLに文字を追加して動的なURLを作る

kazuki-tohyama 25views 更新:2017年3月22日

例えばScreenファイルとvmファイルを結合し、

#set($dlLink = $!utils.escapeXML($jslink.getTemplate('Screen').addQueryData('key1','value1').addQueryData('key2','value2')))

のようにすることで、 http://(略)Screen?key1=value1&key2=value2 というような形にすることが出来ます。 valueの値をパラメータとして変化出来るようにすると、出力結果を変えることが出来ます。 文法についてこちらを参考にしました。 http://www.jajakarta.org/velocity/tools/velocity-tools-1.1/docs-ja/view/LinkTool.html#setURI()

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません