WebフレームワークEchoでテンプレートエンジンAceを使う

Tetsuro Aoki 117views 更新:2017年3月24日

GoのWebフレームワークEchoにテンプレートエンジンAceを導入する方法です。
Ace Proxyを使うことで、Load時のオプションをキャッシュしています。

server.go

package main

import (
  "net/http"

  "github.com/labstack/echo"
)

var e = echo.New()

func main() {
  e.GET("/", func(c echo.Context) error {
    return c.Render(http.StatusOK, "hello", "World")
  })  
  e.Start(":8080")
}

template.go

package main

import (
  "io"

  "github.com/yosssi/ace"
  "github.com/yosssi/ace-proxy"
  "github.com/labstack/echo"
)

type AceTemplate struct {
  AceProxy *proxy.Proxy

}

func (at *AceTemplate) Render(w io.Writer, name string, data interface{}, c echo.Context) error {
  tpl, err := at.AceProxy.Load(name, "", nil)

  if err != nil {
    return err 
  }

  return tpl.Execute(w, data)
}

func init() {
  at := &AceTemplate{
    AceProxy: proxy.New(&ace.Options{
      BaseDir:       "template",
      DynamicReload: true,
    }), 
  }
  e.Renderer = at
}

template/hello.ace

= doctype html
html lang=en
  head
    meta charset=utf-8
    title Ace-Test
  body
    h1 Ace-Test
    p
      | Hello, {{.}}!

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません