Windows のシャドウセッションの接続方法

muramatsu 371views 更新:2017年4月3日

シャドウセッションは同じセッションに複数接続する事ができるシステムです。

クライアント(接続したい側)の設定

接続されるユーザーがセッションにおいて同時接続できるような設定を行う
簡単に言うと
  ・スタートメニューから、次のように選択して。
   「管理ツール」
    -「リモートデスクトップサービス」
     -「リモートデスクトップセッションホストの構成」
    -「リモートデスクトップセッションホストの構成」画面の真ん中あたり「1ユーザーにつき1セッションに制限する」のチェックを外す。
という感じです。
恐らくその時ログインしているユーザーの設定だと思われます

実際のコマンド

1. ホスト側のPCからクライアント側へリモートデスクトップで接続する
mstsc /v:監視したいPCのプライベートIP

2. リモートデスクトップで接続した画面でコマンドプロンプトを開き接続したいユーザーのセッションIDを調べる
query session

3. 2.の状態の引き続きに、接続したいユーザーのセッションに shadow session で接続する
shadow セッションID

4. クライアント側に接続の許可を求めるダイアログが出るので OK を選択

これで同期的に画面を共有することが出来ると思われます。
windows の OS によっては出来ないこともあるので注意です。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません