スクリプトの意味

soutahirose 14views 更新:2017年4月4日

タイトルについて

自分は最近、サーバー周りのことを勉強し始めたのですが、業務の際に”スクリプト”を書くと言われて、ん?、となってしまった(プログラムの勉強も近年初めた笑)。なので、この記事については、深い意味は全く無く、自分のような初心者の方や、プログラムはやっていたけどシェルスクリプトなどは書いたことがない人に見ていてだければ幸いです。

スクリプトとは

本来スクリプト(Script)とは、台本、脚本、原稿といった意味を持っています。これが、プログラミングでどのような意味を持つのかというと少し固くいうと、「コンピュータプログラムの種類の一つで、機械語への変換や実行可能ファイルの作成などの過程を省略または自動化し、ソースコードを記述したら即座に実行できるようなプログラムのこと」です。簡単にいうと(自分なりに訳すと)、普段コードを書いているファイルの中身に一連の処理と処理を行うコマンドを一緒にしてコマンド1つ(ファイル名)で、何個もの処理やコマンドを一度で出来てしまうというものです。初めて自学のみで、書き上げ、実行出来た時はとても嬉しかったです。書いたことがない人は是非一度書いてみるととてもおもしろいと思います!

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません