Javaでの例外の投げ方の基本

elecho1 35views 更新:2017年6月16日

Javaで実行中に不適切な値が出てきたりエラーが発生した場合、tri ~ throw ~ catch構文を用いて例外をなげると効果的にエラーを処理することが出来ます。

基本の構造は以下のとおりです。

try {
    ~~~

    if ( ~~~ ) {
        throw new Exception(message);
    }
}
catch(Exception e) {
    ~~~ エラー処理 ~~~
}

ちなみに、例外のクラスをExceptionクラスではなくIllegalArgumentExceptionクラスなどに変えると、どのような例外なのか明示する事ができます。

(参照:http://www.milk-island.net/document/java/kihon/o5/)

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません