macOSでgnu-sed使う

hiroroooo299 12views 更新:2017年7月3日

macOSのbash環境は、基本的にsshでリモートにつなぐ以外の用途であまり利用しないが、 たまにテキスト処理を行う場合がある。

しかし、いつもログインしているRHEL系Linux環境とコマンドオプションが違っていることが多いため、頭のなかで「マザファカ….」とつぶやくハメになる。

基本的なコマンドをhomebrewで入れ替えてしまおう。

$ brew install gnu-sed
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/gnu-sed-4.4.el_capitan.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring gnu-sed-4.4.el_capitan.bottle.tar.gz
==> Using the sandbox
==> Caveats
The command has been installed with the prefix "g".
If you do not want the prefix, install using the "with-default-names" option.

If you need to use these commands with their normal names, you
can add a "gnubin" directory to your PATH from your bashrc like:
  PATH="/usr/local/opt/gnu-sed/libexec/gnubin:$PATH"

Additionally, you can access their man pages with normal names if you add
the "gnuman" directory to your MANPATH from your bashrc as well:
  MANPATH="/usr/local/opt/gnu-sed/libexec/gnuman:$MANPATH"
==> Summary
/usr/local/Cellar/gnu-sed/4.4: 12 files, 491.5KB

終わったら指示通りに PATH, MANPATH を通しましょう。

その他、下記リンク先を参考に coreutils, gawk, findutils なども同様にインストールしておくと良いかもしれませんね。

参考: テキスト処理のための標準的なコマンド群の OS X への導入手順 – Qiita

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません