AWS新人エンジニアにおくる:RDSリードレプリカの同期を確認する

リードレプリカの同期が追いついているかを確認するには

SHOW SLAVE STATUS \G

で確認ができますが、複数行で表示され、該当行がどこにあるか見づらいです。WHERE句が使えないので以下のようにすると見やすく取り出せます

mysql -hyourhost -uusername -p****** -e "SHOW SLAVE STATUS \G" | grep "Seconds_Behind_Master"

結果が

        Seconds_Behind_Master: 0

のように1行だけなので見やすくなります

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。