初歩的な内容ですが、jsのPromiseの考え方の振り返りも兼ねてハックにFetchによるAPIリクエスト方法を残しておきます。
一般的に、以下のように使います。

fetch(url,
  { method: 'GET'} // オプション
)
  .then(
  if(response.ok) { // ステータスがokならば
      return response.json(); // レスポンスをjsonとして変換する
    } else {
      throw new Error();
    })
  .then((json) => console.log(json)) // 得られたjsonデータに対する処理
  .catch((error) => console.log(error)); //reject処理

関連記事