手を加えたmasterから後で作成したリモートブランチに移動する備忘録

Tomohiro 19views 更新:2017年7月11日

gitでmasterからプルしてソースコード眺めていたりいじったりしてたらいい感じに動いた・・・けどブランチ切ったりするの忘れてたってときの作業

github上でブランチ作成
↓
〜ターミナルに移動〜
git fetch で作成したブランチの情報取得
↓
git branch -a でブランチの一覧を確認
↓
git status でmasterの修正内容確認
↓
git stashで修正内容を別場所に移動(masterは綺麗サッパリ元通り)
↓
git checkout -b [local_branch_name] [remote_branch_name]でローカルブランチ作成&作成したブランチへ移動
↓
git stash applyで一時移動していたmasterの内容を新ブランチへ適用
↓
あとはpushするなりいつも通りに・・・

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません