Electronのバージョンアップ時に行う対応

@iwasaki 45views 更新:2017年7月24日

モジュールのパスの変更

appなどの呼び出し方が変わります。

-var app = require("app");
+var app = require('electron').app;

同じ感じで変わるモジュールたち

var BrowserWindow = require('electron').BrowserWindow;
var autoUpdater = require('electron').autoUpdater;
var Menu = require('electron').Menu;
var Tray = require('electron').Tray;
var Dialog = require('electron').Dialog;

crashReporterのパラメータにsubmitURLが必要になります。

https://github.com/electron/electron/blob/master/docs-translations/jp/api/crash-reporter.md

require('electron').crashReporter.start({
     productName: '',
    companyName: '',
    submitURL: '',
 });

Screenの呼び出し方が変わります。

screenは予約語となるため、electronScreenとかにします。

https://github.com/electron/electron/blob/master/docs-translations/jp/api/screen.md

var electronScreen = require('electron').screen;

あわせて公式のデバックツールも入れておくとよさそうです。

https://ics.media/entry/12230/2

参考

http://tmegos.hatenablog.jp/entry/2016/05/15/174533

https://tech.orylab.com/electron-0-x%E7%B3%BB%E3%81%8B%E3%82%891-x%E7%B3%BB%E3%81%B8%E7%A7%BB%E8%A1%8C%E3%81%99%E3%82%8B-74bd87092673

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません