monitorix で メール関係のグラフ表示 (Postfix + Dovecot)

hiroroooo299 37views 更新:2017年7月26日

man monitorix.conf にも書いてあるが、pflogsumm というperlスクリプトがあれば、Postfix な環境でも、monitorix でmail関係のグラフをいい感じに表示できるとのこと。

# provides pflogsumm
install postfix-perl-scripts

以下のとおり、/etc/monitorix/monitorix.conf を弄る。

mail_log        = /var/log/maillog
<graph_enable>
        .
        .
        .
        mail            = y
        .
        .
        .
</graph_enable>
<mail>
        mta = postfix
        greylist = milter-greylist
        rigid = 0, 0, 0, 0, 0
        limit = 1, 1000, 1000, 1000, 1000
        <alerts>
                delvd_enabled = n
                delvd_timeintvl = 60
                delvd_threshold = 100
                delvd_script = /path/to/script.sh
                mqueued_enabled = n
                mqueued_timeintvl = 3600
                mqueued_threshold = 100
                mqueued_script = /path/to/script.sh
        </alerts>
</mail>

delvd_scriptmqueued_script を頑張れば、一定条件下でスクリプト実行することもできるらしいが、よくわからん。

hoge


ついでに、postfixのプロセス情報を表示できるようにしておくのも、いとおかし。

参考: Postfix アーキテクチャの概要

<graph_enable>
        .
        .
        .
        process         = y
        .
        .
        .
</graph_enable>
<process>
        <list>
                0 = sshd, ntpd, named, smtpd, pickup, master, anvil, qmgr, auth, log, config, dovecot
        </list>
        <desc>
                named = Bind
        </desc>
        rigid = 2, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
        limit = 100, 1000, 1000, 1000, 1000, 1000, 1000, 1000
</process>

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません