Amazon LInux に nginx + php-fpm + zabbix 環境を構築する

muramatsu 39views 更新:2017年8月15日
デフォルトのyumのレポジトリだと zabbix が入ってないのでレポジトリをどっかから引っ張ってくる。
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

上記のは古いので最新版をインストールしたいときは
http://repo.zabbix.com/zabbix/ から rpm で引っぱてくると良いかもしれないです。
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm

zabbix のインストール
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent

nginx php-fpm mysql のインストール
yum install php-fpm
yum install nginx 
yum install mysql mysql-server mysql-mbstring 

mysql に zabbix 用 DBとユーザーとパスワード設定
mysql> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* to zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'password';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

DATABASE と ユーザー名 パスワードは任意ですがあとで  /etc/zabbix/zabbix_server.conf ファイルの編集が必要

mysql に設定を入れた時の変更を zabbix の設定ファイルに適用させる
vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
・
・
・
DBName=zabbix
・
DBUser=zabbix
・
DBPassword=hogehoge
・
・

と mysql に入力した データベース名 ユーザー名 パスワード名を入力する。

次にスキーマを設定する
mysql -u root zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.19/create/schema.sql
mysql -u root zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.19/create/images.sql
mysql -u root zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.19/create/data.sql

nginx の設定
vim /etc/nginx/conf.d/zabbix.conf

server {
        listen 11111;
        server_name zabbix;

        #ドキュメントルートに zabbix の設定ファイルがあるディレクトリ(デフォルトで /usr/share/zabbix)を設定する(シンボリックリンクを貼るのもありだがこっちのが良いかもしれないです。
        root        /usr/share/zabbix;
        index       index.html index.php;
        access_log  /var/log/nginx/access_zabbix.log main;
        error_log   /var/log/nginx/error_zabbix.log error;

        location /zabbix {
        try_files $uri $uri/ /index.html index.php;
        index index.php;
        }
        #PHPのファイルを表示する時のテンプレートみたいなやつ nginx の設定ファイル(/etc/nginx/nginx.conf に書いてあるやつ)
        location ~ \.php {
                fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
                fastcgi_index   index.php;
                fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
                include fastcgi_params;
        }
}

または /etc/nginx/nginx.conf に直接書いてもいいです。その場合は server ディレクティブ以下を全部どっかに書けばいいだけだと思われます。

nginx が zabbix を書き換えるので権限を与えておく
chmod 777 /etc/zabbix/web/

php-fpm のユーザー名とグループ名の設定
php-fpm の設定ファイルには デフォルトで apache がユーザー名とグループ名に指定あるので今回使う nginx に変更を行う

vim /etc/php-fpm.d/www.conf 

user= nginx
group= nginx

あとは nginx php-fpm zabbix を起動せさせて先程指定したポートの所にウェブ上から入ってUIで設定を行う
service zabbix-server restart
service php-fpm restart
service nginx restart

http://IP:11111 にブラウザから入って終わり

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません