SaaS版でDocker起動しとく。
ターミナルでmessage-appのところにいって「atom .」でAtomを起動
Atom内でapp/config/app.jsのAPI_BASE: DEVの下の行を’http://192.0.0.0:8080’と自機のIPアドレスに書き換える。
保存しとく。
アプリケーションのGenymotionでエミュレータを起動する。
ターミナルで「npm install;react-native run-android」としてエミュレータでアプリ起動
アプリケーションのReactotronで通信のログが見れる。


必要な設定をしてない場合その限りではない。笑


関連記事