aws s3 バックアップ

aws s3 コマンドでバックアップを取る際には世代別バックアップを考えますが、データが増えた際にデータの削除が必要になります。

aws s3 rm s3://example/ --exclude data1/* --exclude data2/* --exclude data3/* --recursion 

excludeオプションで残すべきデータを除外できます。また、

aws s3 rm s3://example/ --exclude data1/* --exclude data2/* --exclude data3/* --recursion --dryrun 

といったように–dryrunをつけることでテスト実行できるようです。