cronで数分おきに回せば間に合うゆるふわ要件の場合、これにリトライ機構やロックファイルによる排他制御等を追加しとけば良いと思います。

ionice -c 2 nice -n 19 \
    rsync -avz --delete --timeout=${RSYNC_TIMEOUT} \
        -e "ssh -o 'ConnectTimeout=${SSH_TIMEOUT}' -o 'ConnectionAttempts=${SSH_RETRY_COUNT}'" \
        --log-file=${RSYNC_LOG} \
        ${RSYNC_SRC} ${RSYNC_DEST}

関連記事