私はJavaとJavaScriptの違いを今まではあまり理解しておりませんでしたが、ウェブアプリ開発でとても重要だと知ったため、メモとして残します。

Javaは様々な環境で動かすことが出来る、動作も速く使い勝手のいいプログラミング言語。

Javaで作れるものまとめてみた

JavaScriptはWebページに動きをつけるためのプログラミング言語であり、ユーザーに対して感覚的に、使いやすくするための言語。

基本的にクライアントで動くのがJavaScriptで、クライアントから送られてきた情報をサーバー側で受け取り、管理したり保存したりとするのがJavaの役割。


日本語さえわかればわかる!JavaとJavaScriptの違い

関連記事