vmファイルとJavaファイルの関係

VMファイルがどのようにしてJavaファイルで定義されたデータを取り出しているのか

・vmファイルとJavaファイルを繋げているのは各ポートレットの「eventlog/src/main/java/com/aimluck/eip/modules/screens/」にある「〜Screen.java」ファイル
・「〜Screen.java」ファイル内でdoOutput()が呼び出され、vmファイルとJavaファイルが結ばれる
・「〜Screen.java」ファイルの親クラス「ALVecocityScreen.java」では、putData()でJavaファイルのオブジェクトをcontextにputしている -> vmファイルからJavaのデータが取り出せるようになる

VMファイル内の「$result.List」について

・getList()メソッドは$resultに対応するJavaファイルの親クラスである「ALAbstractSelectData.java」にある。
・戻り値は「list」だがこれは具体的に何のクラスなのか?
・getResultData()の戻り値 <- doViewList()でgetResultData()を用い、listに格納しているため
・getResultData()の戻り値がlistに格納されるので、イベントログの場合EventlogResultDataになる

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様