DateTimeクラスで作った日付のオブジェクトを変更する様々な関数があったのでまとめる。


DateTime::modify : ‘+1 days’などの差分を指定することで日付をずらすことができる。
DateTime::format : ‘Y-m-d’などと文字列で型を指定することでその型に沿った表示に変更する。
DateTime::add : DateInterval型の変数を渡すことでDateTimeオブジェクトに値を加える。

関連記事