DateTimeクラスの様々な関数

ysugiyama12 7views 更新:2017年11月10日

DateTimeクラスで作った日付のオブジェクトを変更する様々な関数があったのでまとめる。


DateTime::modify : ‘+1 days’などの差分を指定することで日付をずらすことができる。
DateTime::format : ‘Y-m-d’などと文字列で型を指定することでその型に沿った表示に変更する。
DateTime::add : DateInterval型の変数を渡すことでDateTimeオブジェクトに値を加える。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません