wordpressでのプラグイン設定 入力フォームの投稿

まず、テンプレート表示項目を決め、 [ID]:カスタムフィールドのID(定義) type:カスタムフィールドの形状(+サイズ) label:投稿画面で表示されるテキスト(注意事項など) を使いながら、作る。 例 [本のタイトル] type = text size = 35 [本の表紙画像をアップロード] type = file [感想] type =textarea [出版年] type = text size = 35 [評価] type = checkbox value = ★★★★★ # ★★★★☆# ★★★☆☆# ★★☆☆☆# ★☆☆☆☆ label = ※5段階評価

この後、プラグインの管理画面にある、[cft] and [cftsearch] ShortCode Formatのエリアを編集します。 HTMLを使って表示項目を記入し、CSSを使ってサイズや色を指定する。PHPも使用することが出来る。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様