まだコミットするほどの変更ではないが、一度別のブランチに移動する必要があるので、一時的に変更を保存しておきたい場合。(未コミットの変更があると変更を維持したまま別のブランチに移れない。)

git stashを使うと良い。

stashは隠すとか、しまうとか、そういう意味なので、そういう感じのことをする。

git stash

以上のコマンドでstash(変更内容)が保存され、ワーキングディレクトリは変更が行われる前の状態に戻る。

git stash list

で、保存したstashのリストを見ることが出来る。

git stash apply [stash_name] で、変更を再び適応することが出来る。

applyで変更を適応した場合も、stashは残るので、以下のコマンドで削除する

git stash drip [stash_name]

変更の適応(apply)とstashの削除(drop)を同時に行うコマンドもある

git stash pop [stash_name]

関連記事