dehydratedで証明書作成

Let’s Encryptの証明書を取得できます。 公式のクライアントソフト(Certbot)と違いPythonが必要ありません。

$ sudo su
$ cd /opt
$ git clone https://github.com/lukas2511/dehydrated.git
$ cd dehydrated
$ cp docs/examples/config config
$ vim config # configのWELLKNOWNのコメントを外す
$ echo "hogehoge.com" > domains.txt
$ ./dehydrated -c --accept-terms # 初回実行は--accept-termsが必要
$ mkdir /var/www/dehydrated
$ vim /etc/httpd/conf.d/acme-challenge.conf # 以下を設定
--
Alias /.well-known/acme-challenge /var/www/dehydrated

<Directory /var/www/dehydrated>
  Options None
  AllowOverride None

  Require all granted
</Directory>
--

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様