dehydratedで証明書作成

Yuya Sato 13views 更新:2017年11月17日

Let’s Encryptの証明書を取得できます。 公式のクライアントソフト(Certbot)と違いPythonが必要ありません。

$ sudo su
$ cd /opt
$ git clone https://github.com/lukas2511/dehydrated.git
$ cd dehydrated
$ cp docs/examples/config config
$ vim config # configのWELLKNOWNのコメントを外す
$ echo "hogehoge.com" > domains.txt
$ ./dehydrated -c --accept-terms # 初回実行は--accept-termsが必要
$ mkdir /var/www/dehydrated
$ vim /etc/httpd/conf.d/acme-challenge.conf # 以下を設定
--
Alias /.well-known/acme-challenge /var/www/dehydrated

<Directory /var/www/dehydrated>
  Options None
  AllowOverride None

  Require all granted
</Directory>
--

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません