任意のログファイルのローテーション方法

logrotateコマンドを使って、任意のログファイルのローテーションを実行する。

logrotateの設定の変更。

cd /etc/logrotate.d #logrotateの設定ファイルのあるディレクトリに移動
vim /etc/logrotate.d/{任意のファイル名} #新しいlogrotateの設定を記述するファイルの作成

ファイル内に設定を記述。(下記は、週一、4世代分のローテーションを行う場合)

{ローテーションを行うファイルのパス} {
    copytruncate
    missingok
    notifempty
    dateformat .%Y%m%d
    compress
    weekly #ローテーション間隔の指定
    rotate 4 #世代の指定
    delaycompress
}

ログローテーションを強制的に実行する場合。

logrotate -f /etc/logrotate.conf

これで、エラーが無ければログローテーションが必ず動作し、ログファイルに処理が実施される。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様