MySQLのオートコミット

MySQLでは、オートコミットを無効にすることで、トランザクションがコミットするのを止める事ができる。

例えばUPDATE文のトランザクションをコミットされるのを止めていると、UPDATE文が実行される際にロックされた行が、ロック状態で維持されるということである。

このオートコミットの設定を上手く使うことで、デッドロックの再現等を意図的に行うことが出来るようになる。

オートロックの設定の変更の仕方は以下の通りである。

//オートコミットを無効にする
set autocommit = 0;

//オートコミットを有効にする
set autocommit = 0;

この autocommitはセッション変数であるため、セッション毎に設定する必要がある。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様