マシン変更による環境構築(インターン)

shokichi627 19views 更新:2017年12月14日

・Eclipse

Aipo-saasを右クリック→チーム→切り替え→master
→Aipo-saasを右クリック→チーム→プル
→Aipo-saasを右クリック→チーム→切り替え→新規ブランチ→自分のユーザー名検索

・スタンバイ環境構築

https://github.com/aipocom/saas/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89

1,Dockerの起動

Aipo-saasを右クリック→StartExplorer→Start Shell Here

mvn install
docker-compose up -d

2,3,4,5,省略

アカウント作成

1,省略

2,http://localhost:8080/form/

→aipo.staff+develop39no20171214@gmail.com(例)を送信→受信トレイに移動→ID: aipo.staff@gmail.com PW: gjK99tcUでログイン→以下略

・MySQL WorkbenchからSQLを実行

https://github.com/aipocom/saas/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%94%A8
Local instance 3306をクリック→デフォルトのコードを消す→

CREATE TABLE `eip_t_test` (
    `test_id` INT(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
    `user_id` INT(11) NOT NULL,
    `test_name` VARCHAR(99) COLLATE UTF8_UNICODE_CI NOT NULL,
    `note` TEXT COLLATE UTF8_UNICODE_CI,
    `url` VARCHAR(99) COLLATE UTF8_UNICODE_CI,
    `create_date` DATE DEFAULT NULL,
    `update_date` DATETIME DEFAULT NULL,
    PRIMARY KEY (`test_id`)
)  ENGINE=INNODB DEFAULT CHARSET=UTF8 COLLATE = UTF8_UNICODE_CI;

CREATE TABLE org0000021.eip_t_test (
    `test_id` INT(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
    `user_id` INT(11) NOT NULL,
    `test_name` VARCHAR(99) COLLATE UTF8_UNICODE_CI NOT NULL,
    `note` TEXT COLLATE UTF8_UNICODE_CI,
    `url` VARCHAR(99) COLLATE UTF8_UNICODE_CI,
    `create_date` DATE DEFAULT NULL,
    `update_date` DATETIME DEFAULT NULL,
    PRIMARY KEY (`test_id`)
)  ENGINE=INNODB DEFAULT CHARSET=UTF8 COLLATE = UTF8_UNICODE_CI;

に直してカミナリマークで実行
org0000021の中にeip_t_testが現れるのはもう一度立ち上げなければいけないみたい
(org0000021は例)
法人IDはAipo.comから管理画面で確認できる

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません